Posted on 07/26/2015 at 05:06, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『主よ御許に』(賛美シリーズ その15)(2015.7.26)

 

そのうちに、彼は夢を見た。見よ。一つのはしごが地に向けて立てられている。その頂は天に届き、見よ、神の使いたちが、そのはしごを上り下りしている。(創世記28章12節)

 

    • はじめに…義父が4月30日に召天してから3カ月になります。その日、眞津代牧師はミシェルさんと交代して久枝さんの看病をしている時でした。そして4日後、久枝さんが召天。今、この瞬間も主の御許で主を仰ぎ、主を賛美しつつ、喜びで輝いていることと確信しています。今、この地で礼拝を捧げている私たちも、その天の礼拝の末席に加えられていることを信じます。
    • 夢…今日の聖書のテキストは、葬儀や記念会で歌われる讃美歌『主よ御許に』の主題となっている一節です。日の暮れたベテルで石を枕にして横になったヤコブ。その彼に夢を通して示された主の啓示です。一つのはしごが天から地に向かって立てられ、天使が行き来しているという啓示です。
    • 告白…夢から覚めたヤコブは、畏れつつ「ここは神の家、天の門」と告白しました。天と地の通路です。
    • はしご=十字架…新約時代になって、イエス様がナタナエルに語られました。「まことに、まことに、あなたがたに告げます。天が開けて、神の御使いたちが人の子の上を上り下りするのを、あなたがたはいまに見ます」(ヨハネ1章51節)。旧約時代の啓示の意味が、より具体的になっています。「はしご」は「人の子=イエス・キリスト」であり、十字架につけられたイエス様だということです。主は語られます。「わたしはあなたとともにあり、約束したことを成し遂げるまで、あなたを捨てない」(創世記28章15節)。今、苦難と孤独の中にあったとしても、そこに主がともにいて下さり、苦難と孤独を身に負って下さいます。
    • 結び…今週一週間、たとえ苦難と孤独が襲っても、そこに主が離れず、ともにいて下さり、天の門を開き天使を遣わして下さり、慰めと平安で満たして下さいます。皆さんの上に限りない主の祝福をお祈りします。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ