Posted on 07/16/2010 at 09:36, by matsumoto

牧師雑感「もつれた舌」(その5)『天使が働いた』

ただ、みことばに従って昨年の暮、東京から名古屋(春日井)に移り住んで早、7カ月が過ぎました。

この世的には何の保証も裏付けなく、開拓の志だけを握りしめての歩みです。

けれども神様は憐れみ深い方で、何の当てもないと思っていたにもかかわらず、礼拝と住む場所を与え、糧のための仕事を与えて下さいました。

しかし生活は決して余裕があるとは言えません。仕事は時給800円で、家賃は1カ月8万5千円。家賃と食費で、手持ちの資金は尽き果ててしまいます。

「もし、このままの時給が1年続くようだったら、新しい仕事を探さないとね…」。

そんなことを、朝食をしながら夫婦で話をして、仕事に出かけた日のこと。

仕事も終わりがけの午後7時すぎ、院長先生に「松元さん、ちょっと…」と呼びかけられ、場所を移して話がありました。

それは何と、「時給を8月から百円アップの900円にアップします」ということでした。

それを聞いて私はビックリ。神様は何と憐れみ深く、迅速な対応をされる方でしょう! 朝、私たちが話した会話を聞いていて下さり、天使を遣わして、人の思いを動かし、環境をつくり変えて下さったのです。

主の恵みは、本当に驚くばかりです。

super p – force buy australia super p – force by mail order online pharmacy us buy sildenafil buy atarax, atarax online, buy atarax online, cheap atarax, where to buy atarax, order atarax online, purchase hydroxyzine online. dapoxetine online cheap super p – force manchester uk super  (…)良い知らせは人を健やかにする。(箴言15章30節)

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ