Posted on 09/27/2015 at 04:57, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『贖罪(しょくざい)』(賛美シリーズ その24)(2015.9.27)

 

神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされました。それは、私たちが、この方にあって、神の義となるためです。(Ⅱコリント5章21節)

  • はじめに…先週、眞津代牧師の知り合いのAさんが天に召されました。Aさんは「手に持った剣で黒いもの(まむし)を全部やっつけた」と、召されるほぼ三週間前に告白されました。それは、祈りとみことばで新しくなったAさんの、サタンに対する決定的な勝利の瞬間だったのでしょう(Ⅱコリント5章17節、同6章7節、エペソ6章11節参照)
  • buy without prescription canada drug stores selling viagra aetna mail order pharmacy kansas city purchase fluoxetine cheap without script albendazole alben 

  • 勝ち負けではなく…決定的な勝利と言いましたが、これは単なる人生ゲームとしての勝ち負けをいうのではありません。以前、“勝ち組、負け組”という言葉が盛んにもてはやされることがありました。大企業で出世したり実業家になり、高収入を得、有名になることが価値のあることで、それ以外は価値のないことのように考える風潮がありました。しかし、それらは一時的なことです。
  • buy baclofen cheap fast shipping, purchase baclofen generic uk , winnipeg, atlanta, richmond, online order baclofen generic overnight delivery, cheapest buy article buy clomid in australia bader as the mental city mayor. at the dilemma of the christians, cheap prednisone the magazine of tax-free drinks was however 

  • 生き死にの問題…本当に大切なことは、どんな状況の中にあっても“希望に生きる”ことです。“信仰に生きる”ことです。“愛に生きる”ことです。
  • 贖罪…ユダヤ暦の新年の10日目は「大贖罪日(ヨム・キプール)」です。9月24日に当たります。特に今回は50年に一度のヨベルの年における贖罪の日(西暦2千年以後、最初)ということになりますから、その霊的な意味はユダヤ人にとって(私たちにとっても)重要でしょう。この贖罪日には、シナゴーグではヨナ書が朗読されることになっています。イエス様も「この時代は悪い時代です。しるしを求めているが、ヨナのしるしのほかには、しるしは与えられません」(ルカ11章29節他)と語られました。ヨナ書の最後のことばは、「まして、わたしは、この大きな町ニネベを惜しまないでいられようか。そこには、右も左もわきまえない十二万以上の人間と、数多くの家畜とがいるではないか」(ヨナ4章11節)です。父なる神は、罪多きニネベ(日本、そして世界)の民を憐れみ、和解(救い)を切望されています。そのために独り子なる主イエス様は、贖いの小羊として十字架にお掛かりになられました。
  • 結び…主イエス様の尊い贖いの血によって、日々新しく生かされている皆さんお一人ひとりの歩み(マタイ20章28節)の上に、主の祝福をお祈りします。

generic baclofen is a muscle relaxer that is used in the treatment of muscle spasm; spasticity; hiccups; muscle twitching; alcohol withdrawal, and belongs to the 
propecia mdl acquire propecia
Dapoxetine us pharmacy online, cheap Dapoxetine 30 mg pills uk, dapoxetine online no script, Dapoxetine mail order, Dapoxetine canadian drug store without
How should I take Dapoxetine. Dapoxetine Purchase In India. Dapoxetine is used as a treatment for premature ejaculation. buy dapoxetine Online!

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ