Posted on 11/15/2015 at 05:12, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『栄光の脳波δ(デルタ)波』(ヨベルの年 第10週)(2015.11.15)

 

また、あなたがたの心の目がはっきり見えるようになって、神の召しによって与えられる望みがどのようなものか、聖徒の受け継ぐものがどのように栄光に富んだものか、また、神の全能の力の働きによって私たち信じる者に働く神のすぐれた力がどのように偉大なものであるかを、あなたがたが知ることができますように。(エペソ1章18-19節)

 

  • はじめに…先週の木曜日、家内と香嵐渓(こうらんけい)の紅葉を見に出かけました。黄色や朱色になった銀杏(イチョウ)や紅葉(モミジ)が輝き、川のせせらぎの音に癒され、人間性を回復するような、ひと時でした。
  • 埃まみれになって…いま、私たちはヨベルの年(解放の年)を生きています。全能の主が、弱い者、貧しい者をご覧になられ、立ち上がらせてくださる年です。詩篇113篇6、7節「身を低くして天と地をご覧になる。主は、弱い者をちりから起こし、貧しい人をあくたから引き上げ(…)」。“あくた”は「灰捨て場」です。主は、身を低くされ、灰まみれ、埃まみれになって、弱い者、貧しい者を闇から引き上げてくださる方です。
  • 栄光の脳波δ(デルタ)波…先主日はθ(シータ)波=4~7ヘルツ(レム睡眠のレベル)についてみことばを聞きました。本主日は、もっとも低い脳波δ(デルタ)波=0.5~3ヘルツです。深い眠り(ノンレム睡眠)、無意識のレベルで、暗闇の世界です。主が臨在されない暗闇は恐怖と不安だけが支配するハデス(よみ、あるいは地獄)です(ルカ16章23-26節)。しかし至聖所が真っ暗闇のように、暗闇のなかで、主は出会うお方です(ヘブル10章19-20節)。主イエス様の十字架の贖いの死が、新しいいのち(復活のいのち)の道を拓いてくださっているのです。このいのちが、光として闇のなかに輝いており(ヨハネ1章5節)、いのちの御言葉がすべてを回復し、満たされるのです(黙示録1章17-18節)。δ(デルタ)波は、まさに栄光(δόξα=ドクサ)の脳波です。
  • 結び…今週も、主が皆さんの内なる聖所に御臨在くださり、聖霊様の息吹が、恐怖と不安の霊を除き、闇を照らし、復活のいのちで満たしてくださるよう、祝福して祈ります。

 

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ