Posted on 12/13/2015 at 03:28, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『主イエスは素晴らしい』(ヨベルの年 第14週)(2015.12.13)

 

その翌日、ヨハネは自分のほうにイエスが来られるのを見て言った。「見よ、世の罪を取り除く神の小羊」(ヨハネ福音書1章29節) 

 

  • はじめに…国際宇宙ステーションに約5カ月間滞在していた油井亀美也(ゆい きみや)さんが11日夜、ロシア宇宙船ソユーズで、カザフスタンの草原地帯に無事帰還し、駆けつけた関係者に「ただいま。体調は大丈夫です。重力を感じます。宇宙もすばらしいけれど、地球もすばらしい。冷たい風が心地よい。ツイッターをフォローしている人がたくさんいるので、発信していきたい」
  • バプテスマのヨハネのキャンドル…今日は待降節(アドベント)第三主日です。3本目のキャンドルに火が灯りました。この3本目のキャンドルは「バプテスマのヨハネのキャンドル」で、救い主なるイエス様を世の人々に、いち早く証しし、悔い改めを迫ったバプテスマのヨハネを象徴しています。
  • 荒野の声…バプテスマのヨハネは、主イエス様の親類(ルカ1章36節参照)で、イエス様より半年早く生まれています(ルカ1章26節参照)。ヨハネの働きは、その父ザカリヤを通して預言されています(ルカ1章76-79節参照)。その預言通りにヨハネは、自分自身のことを「私はキリストではありません」「エリヤでもありません」「(モーセのような)預言者でもありません」と告げた後、「『主の道をまっすぐにせよ』と荒野で叫んでいる者の声です」と告白しました(ヨハネ1章20-23節参照)。“声”そのものは、ある内容を伝えた瞬間に、消えて無くなります。自分の役割を“声”と断言するヨハネには「あの方は盛んになり私は衰えなければなりません」(ヨハネ3章30節)という、潔さがあります。
  • 主告白…ヨハネが最初に主イエス様を人々に証ししたことばは「見よ、世の罪を取り除く神の小羊」(ヨハネ1章29節)でした。地球に帰還した油井さんは「宇宙もすばらしいけれど、地球もすばらしい」と言いましたが、私たちは「宇宙を創造し、地球を保っておられる主イエス様はすばらしい」という告白する声です。
  • 結び… 今週、「主はすばらしい」と告白する皆さん一人ひとりであるよう、祝福して祈ります。

 

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ