Posted on 07/25/2010 at 09:13, by matsumoto

主日メッセージ要約『アブラハムの子孫として』(2010年7月25日)

今日のみことば

主は御使いたちを助けるのではなく、確かに、アブラハムの子孫を助けてくださるのです(ヘブル2章16節)

■出会いと出来事を通して…先週の「火曜聖霊集会」で福重隆さんが、「神様はすべてをプラスにして下さる、益にして下さる。今がどんなにマイナスに見えても、必ず最後はプラスになる」(ローマ8章28節)と繰り返しメッセージして下さいました。

■具体的に助けて下さり…実際に神様は、マイナスの状況の中に天使を遣わして下さり、周りの環境を変えて下さり、助けて下さいます(へブル1章11節、イザヤ41章)。

■信仰者とされる…そのようにして主は、私たちの内側に住んで下さり、聖霊の宮、神の家として下さいます。聖霊によって導かれる私たちの内側には、もはや恐怖に縛る奴隷の霊の居場所はありません。アブラハムの子孫(信仰の継承者)とされた私たちは、隣人をあらゆる縛りから解放する働きに遣わされます。それはロトに良い方を選ばせたアブラハムのように「自分が損をする方を選び取る」働きです(創世記13章9節)。

aug 22, 2009 – buy baclofen without prescription, my baclofen experience, purchase baclofen , baclofen from canada , baclofen from mexico, order ■結び order online at usa pharmacy! zoloft brand name cost . official drugstore, order zoloft online no prescription. …今週も、聖霊の導きと天使の助けを受けて、死の恐怖につながれて奴隷となっている隣人の霊、魂、からだの解放の働きの使命(マルコ16章15-20節)をまっとうさせて頂けるよう、祝福して祈ります。

〈整骨牧会ひとくちメモ〉あなたは安らかに自分の道を歩み、あなたの足はつまずかない(…)主があなたのわきにおられ、あなたの足がわなにかからないように、守ってくださるからだ。(箴言3章23、26節)…“わき”は原語では“腰”です。愛と真理の主が、腰におられ、足を守って下さる確信を持って祈りながらマッサージします。ある日、カサ立てに杖を忘れて帰る患者さんがいました。そんな時は「ああ、主がいやして下さったんだなあ」としみじみ思い、感謝します。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ