Posted on 08/08/2010 at 07:48, by matsumoto

主日メッセージ要約『死の恐怖からの解放』(2010年8月8日)

今日のみことば

一生涯死の恐怖につながれて奴隷となっていた人々を解放してくださるためでした。

(ヘブル2章15節)

■死の恐怖 price baclofen 10 mg price where to buy baclofen online baclofen pump price price . tablets mail order baclofen 15 sep 2010 … buy zyban without prescription, what do spokane, missoula montana, and medford oregon have in common. canadian pharmacy zyban, they … buy baclofen tablets buy baclofen online. …小学生の頃から社会人になるまで、私には言い知れぬ“死の恐怖”がありました。それはノストラダムスの予言とか、自然破壊、エネルギーの枯渇、食料危機という情報に縛られていたからです。しかし、その不安な心を誰にも打ち明けられませんでした。

■死からの逃避…その後、「どのみち死んでしまうのだから、今を楽しく、一生懸命生きればいい」という思いに切り替わりました。一見、生きることを積極的に受け入れているかのようでした。しかしそれは単に“死の裏返し”でしかありませんでした。

■死の意味、いのちの意味…聖書は死といのちから目を背けません。真正面から直視します。死とは「人間の神様に対する不服従」を意味すると語ります(創世記2章17節)。そしていのちとは、神様の呼びかけ(みことば)によって生きることだと、聖書全巻を通して語っています。私たちを愛するゆえに、心を痛め、ご自分のいのちさえ惜しまない神様を知ること、それが生きる目的であり、生きる意味であり、死の恐怖からのまったき解放です。

no prescription pharmacy cheap dapoxetine online dapoxetine manchester uk dapoxetine mail order buy generic dapoxetine 30 mg online discounts  ■結び…いつでも、どんな時も、死の間際であっても、死んだ後も、いつも共にいて下さり、助け、導いて下さる主に信頼して歩む一週間であるように、祝福して祈ります。

〈整骨牧会ひとくちメモ〉その右の手には長寿があり、その左の手には富と誉れがある。(箴言3章16節)…ある日、患者さん(昔は数学の教師だったというインテリの老紳士)が「ピアノを弾いていたら、突然、右手の薬指と小指が動かなくなって…」と切に訴えられました。これは大変という思いが込み上げて来て、祈るようにマッサージをしました。幸いに指は元通りに動くようになりました。また素敵なメロディーを奏でていらっしゃると思います。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ