Posted on 09/12/2010 at 09:19, by matsumoto

主日メッセージ要約『祈ってください』(2010年9月12日)

今日のみことば

また、もっと祈ってくださるよう特にお願いします。それだけ、私があなたがたのところに早く帰れるようになるからです。(ヘブル13章19節)

■星たちの歌の続き…古代ユダヤの賢人の書『カバラ』に『星は歌うことで輝きを放っています。朝、目覚めて祈りを捧げるときは、あなたの祈りが星たちの歌の続きであることを忘れないで下さい』と記されてあります。主が創造され、そして喜ばれた宇宙(天地万物)と私たちが密接に結びついていることを実感します。

■専修念仏…親鸞は『無量寿経』に出てくる“世界中の人々が浄土に生まれたいと願い、ただ一声の念仏を唱えるだけで救われる”という阿弥陀仏の誓願(本願)を確信し、専修念仏を流布しました。

■祈り buy baclofen over counter baclofen mail order . pain relief|muscle relaxant. anti-herpes, cheap prices, healthy bones, free online medical consultations. …ここ2週間、早天の祈りが絶え絶えになっていました。妻の祈りに支えられて、何とか霊性が支えられている状態でした。夏の疲れが溜まってのことでしょうが、クリスチャンの力の源泉はやはり、祈りでしょう。今日のみことばを通してイエス様が励まして下さっています。「もっと祈って」

■結び online buy buy no prescription fluoxetine online without a prescription · buy no prescription fluoxetine buy fluoxetine pill online buy fluoxetine kaufen …新しい週、イエス様の再臨を待望して祈り続ける一週間であるよう、祝福して祈ります。「疲れた者はわたしのところへ来なさい」と主が招いておられます。

〈整骨牧会ひとくちメモ〉 prozac 20 mg capsule can overdose prozac kill you 10mg to 20mg of prozac can you order prozac online cost target . 90 40 mg without insurance cheap generic 湧泉(ゆうせん)/主を恐れることはいのちの泉、死のわなからのがれさせる。(箴言14章27節)

夏の疲れが溜まるからか、冷たい物の飲みすぎか、最近は「脚全体がだるい」と訴える患者さんが多くいます。そんな中の一人の患者さんで、ふくらはぎから足裏にかけて凍ったように冷たい方がありました。「おせば命の泉湧く」とストレッチの先生から教えてもらった湧泉のツボを念入り押したところ、血の気が戻ってきたようでした。最も低く、隠れたところに“いのちの泉”はあるんですね。

ツボの位置:土踏まずのやや前。足の指を曲げると凹みができるところ。

効き目:大小便の出をよくし生命力を高める。のぼせを取り、血圧を整え精神を安定させる。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ