Posted on 05/29/2016 at 05:04, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『純金の燭台』(ヨベルの年 第38週)(2016.5.29)

主日礼拝メッセージ要約『純金の燭台』(ヨベルの年 第38週)(2016.5.29)

 

また、純金の燭台を作る。その燭台は槌で打って作らなければならない。それには、台座と支柱と、がくと節と花弁がなければならない。(出エジプト記25章31節)

 

  • はじめに…先週27日、オバマ米大統領が、サミット後、広島を訪問し、慰霊碑に献花し所感を述べました。その後、被爆者の方と握手を交わし、ハグする感動的な場面がありました。「広島へ来て、目で見て、感じてほしい」という被爆者の切なる願いが、原爆投下から71年の歳月を経て実現しました。“核なき世界”へ向けての第一歩。
  • 幕屋建設…握手とハグに象徴されるように、人と人が歩み寄り、親しく交わるのは、麗しい姿です。同様に、主(神)と人が親密に交わることが出来るなら、それに勝る喜び、安らぎは他にはないでしょう。そのために主は、幕屋の建設をモーセに指示されました(出エジプト25-27章参照)。その幕屋の器具のひとつに、純金の燭台があります。いわゆるメノラーです。その主たる目的は聖所、至聖所で大祭司が奉仕するための明かりを灯すことですが、材料、制作方法、形に秘められている霊的な意味を分かち合います。
  • 純金…燭台の材料は“純金”です。その重さは約34㌔グラム。参考までに現在の金相場で計算すると約1億6千万円。純金ですから、混じり気のまったく無い金です。熱い炉の中で精錬され、不純物が取り除かれます。
  • アーモンド…燭台のデザインはアーモンド(あめんどう)です。早春に他に先がけて花を咲かすことから復活を意味します。また、原語では「見張るもの」「目覚めるもの」「寝ずの番をするもの」という意味があります。
  • 槌で打つ…燭台は打ち叩いて作るよう、指示されています。六つの枝が、ひとつの台座、支柱につながって一体となっています。そのために火のような試練を通され、打ち叩かれる苦痛を経験します。その結果、真っ暗な聖所と至聖所に光を灯す、聖なる道具として用いられるのです。それはイエス様の生き様であり、私たち自身の生き様です。
  • 結び…試練と苦痛の証しを通して、暗闇に光を放ち、主と親密に交わる皆さんとなられるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ