Posted on 06/12/2016 at 03:34, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『あかしの箱(聖なる幕屋 その2)』(ヨベルの年 第40週)(2016.6.12)

主日礼拝メッセージ要約『あかしの箱(聖なる幕屋 その2)』(ヨベルの年 第40週)(2016.6.12)

 

 

わたしはそこであなたと会見し、その『贖いのふた』の上から、すなわちあかしの箱の上の二つのケルビムの間から、イスラエル人について、あなたに命じることをことごとくあなたに語ろう。   (出エジプト記25章22節)

 

  • はじめに…先週8(水)から9(木)の2日間、四国松山の「シオン朝美教会」での集会で、ご奉仕させて頂きました。教会の皆さんが祈って備え、心から歓迎をして下さり、本当に尊い時間を過ごさせて頂きました。主に感謝します。
  • 至聖所に安置…あかしの箱は聖所の奥の至聖所に安置されました。至聖所は「天と神のみ座」のシンボルです。主なる神が、天から降られ、人(私たち)の間に住まわれ、出会われる、臨在の場です。ここに置かれる備品のあかしの箱の制作が、一番初めに主から指示されました。つまり神の御座からすべては始まるのです。
  • アカシヤ材…あかしの箱の素材はアカシヤの木でした。アカシヤの木は砂漠の中で育つ、極めて耐久性の強い木です(イザヤ53章2節a参照)。ここに主イエス様の人間性が隠されています(ヘブル書4章15節、同2章18節)
  • 純金の覆い…アカシヤ材は純金で内と外を覆いました。アカシヤ材は仲介者イエス様、外なる金は父なる神、内なる金は聖霊なる神として三位一体を現しています。そして金の飾り縁は十字架で「完了した」と宣言された王なるイエス様の力と威光を現しています。
  • さとしを納める…箱の中には、さとし(あかし)、すなわち十戒を刻んだ2枚の石板を納めました。つまりキリストの身体の中、心の中に律法が保たれていることの象徴です(エゼキエル書36章26-27節参照)。それをイエス様は「わたたしがあなたがたを愛したように、互いに愛しなさい」(ヨハネ福音書13章34節)とおっしゃいました。このことは聖霊降臨において、私たちの内に成就しました。あかしの箱が私たちの内なる至聖所に置かれ、そこに聖霊様が内住されたのです。
  • 結び…聖霊様が皆さんお一人ひとりの内なる至聖所に内住され、聖霊様の導きと力によって愛と恵みの律法を行い、主の栄光を輝かす一週間となるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ