Posted on 07/24/2016 at 19:52, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『祭壇(聖なる幕屋 その8)』(ヨベルの年 第46週)(2016.7.24)

主日礼拝メッセージ要約『祭壇(聖なる幕屋 その8)』(ヨベルの年 第46週)(2016.7.24)

 

 

祭壇をアカシヤ材で作る。その祭壇は長さ五キュビト、幅五キュビトの四角形でなければならない。高さは三キュビトとする。(出エジプト記27章1節)

 

  • はじめに…自転車通勤を始めて約20日が経ちます。健康状態は、すこぶる快調です。出勤前に「日本の都市公園100選」のひとつに選ばれた公園で黙想タイムを持っていますが、昨日は「納涼まつり」のために盆踊り用のやぐらが設営されていました。
  • 五…今日は「祭壇」から主の御旨をともに尋ねたいと願っています。今日のテキストには祭壇のサイズが記されていますが、キュビトをメートルに変換すると、長さと幅が約2・2メートル、高さ約1・32メートルになります。これはちょうど盆踊り用のやぐらと同じくらいです。聖書で“5”は、主の恵みを象徴する数字です(イザヤ61章1-4節、ヨハネ1章16節参照)
  • 祭壇の位置…幕屋の周囲には垣が設けられていましたが、長さ(東西)百キュビト、幅(南北)50キュビトの長方形をしていました。50×50の正方形を二つ並べた形になる訳ですが、それぞれを対角線で結んだ位置の一方に祭壇、他の方には契約の箱が置かれていました。半分で折り曲げることが出来れば、ピッタリと重なる位置に配置しているのです。
  • 降られる主…つまり祭壇と契約の箱には、密接な関連があるということです。祭壇は天から降され十字架で死なれたイエス様。そして契約の箱はイエス様の約束の成就として降臨された聖霊。父なる神様が、世界の基の置かれる前から持っておられる私たちに対する愛の現れです。愛の主は、降って来られ、罪をあがない、私たちと共に生き、内に住まわれ、親しく愛の交わりを永遠に持って下さるお方です。そのお方を心から礼拝(ワーシップ)すること、すなわち「霊のささげもの」、このことに勝る価値、祝福は何もありません(ローマ12章1節、Ⅰテサロニケ5章23節参照)。礼拝が、私たちの力の源であり、私たちの人生の目的です。この力は天地を創られた主からのものです。
  • 結び…今週一週間、皆さんにとって、私たちをあがない、私たちに喜んで生きる力を与えて下さる主に祈り、感謝をささげる恵みの一日一日となるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ