Posted on 10/03/2010 at 07:57, by matsumoto

主日メッセージ要約『いやし~罪の奴隷から神の子へ』(2010年10月3日)

今日のみことば

モーセは、しもべとして神の家全体のために忠実でした。それは、後に語られる事をあかしするためでした。(ヘブル3章5節)

■はじめに…今日は、真実の“いやし”とは罪の奴隷(ヨハネ8章34節、ローマ6章6節)から神の子にされることだということを、共に聖書から聞いていきたいと願っています。

buy amoxil online, amoxicillin and clavulanate potassium for cold, can you take amoxicillin and tramadol together. ■しもべとは purchase discount medication! priligy dapoxetine buy online. approved pharmacy, buy dapoxetine online pharmacy. …聖書に記されてある“しもべ”はセラポーンというギリシア語で、今風に言えば、セラピスト(いやし人)という意味です。モーセはセラピストだった訳です。そのモーセはセラピストとして人々に神のことばを告げました。ですから、いやしとは、(自分の考え、ことばではなく)みことばを聞いて生きるようになることと言えます。

■真実のいやし…みことばは、私たちの生き方を回復し、身体を回復します。そしてみことばによる真実ないやしは、私たちにイエス・キリストの愛の中へ還るように促します(ルカ17章12-19節)。御霊が私たちを導かれるのです(ローマ8章14節)。私たちは神のこどもとして、神の家族として、創造の神に「アバ、父」と親しく呼びかけます。

■結び…新しい一週間、キリストの愛と恵みの中で、感謝と喜びに溢れた一週間となるよう、祝福して祈ります。

〈聖骨牧会ひとくちメモ〉肩井(けんせい)/ fluoxetine c.o.d overnight delivery fluoxetine next day fluoxetine with no prescription or membership order fluoxetine cheap no membership fees no  そして、レビ族は、モーセが主のことばに従って命じたとおり、神の箱をにない棒で肩にかついだ。(Ⅰ歴代15章15節)

「今日、特に痛いところ、気になるところは?」と聞いて、「肩から肩甲骨にかけて」という患者さんは、たいてい肩が“まな板”のように固まっています。「ああ、重たいものを背負っているんだなぁ」と、しみじみ思います。そんな患者さんの肩井を「イエス様、荷を軽くして下さい」と祈りながら、グリグリッと揉みほぐしています。

ツボの位置:首の後ろの出っ張りと腕の付け根後方のくぼみを結ぶ線の中間点。

効き目:背骨の両側の筋肉の緊張のバランスを整え、左右の骨盤の高さを揃える。心身の慢性化した疲れに効果的。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ