Posted on 10/16/2016 at 19:42, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『サルデスにある教会(黙示録 その8)』(2016.10.16)

 

勝利を得る者は、このように白い衣を着せられる。そして、わたしは、彼の名をいのちの書から消すようなことは決してしない。わたしは彼の名をわたしの父の御前と御使いたちの前で言い表わす。(ヨハネ黙示録3章5節)

  • はじめに…先週14日(金)の朝、六本木の外壁工事中のビルの10階から鉄パイプが落下し、通行人の男性(77)を直撃し、亡くなられるという痛ましい事故がありました(ルカ13章4節参照)
  • スコット…さて、今日の日没からユダヤ暦ではスコット(仮庵の祭)が始まります(レビ記23章34節参照)。第7月の15日ですから満月(十五夜)です(どうぞ今晩、夜空を見上げて下さい)。
  • サルデス…今日は、七つの教会(すべて現在のトルコにありました)のひとつサルデスの教会(スミルナから東へ約70キロ)から、みことばを聴きたいと願っています。サルデスの名の意味は「遺残者(残れる者)」です。
  • 賞賛のことばがない…スミルナの教会は叱責のことばはありませんでしたが、サルデスの教会には賞賛のことばがありません。「行ないを知っている」「実は死んでいる」(1節)と主は語られています。行ない(奉仕)がどれほど人の前に立派だったとしても、また、どれほど盛んであったとしても、内実が伴っていなかった、ということでしょう。つまり聖霊が内住しておらず、自分の力、義で働いていたのがサルデスの教会の大多数の人々だったのでしょう。人の目には生き生きとした姿に見えたとしても、主の目には死んでいる者に見えていたのです。
  • いのちは内側から輝く…だから主はご自身を“神の七つの御霊、七つの星”を持つ方として表わされました。完全な御霊、栄光の輝きを持つ方としてです。持っておられる方は、同時にそれを与えられる方です。イエス様が、地上生涯最後の仮庵の祭のとき、おっしゃいました。「わたしを信じる者は、心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる」(ヨハネ7章38節)
  • 悔い改め…その福音の原点に帰ることが、すでに信仰の恵みに与かっている者の悔い改めです。人の目や、世俗の事柄や、自分の義ではなく、主イエス様を仰ぎ、主の御声に耳を傾けることです。そうするなら、「いのちの書から名を消すようなことはない」という永遠の保証が与えられます。
  • 結び…仮庵の祭のこのとき、皆さんが福音の原点に立ち返り、内側から輝くよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ