Posted on 11/27/2016 at 20:35, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『封印を解くのにふさわしい方(黙示録 その14)』(2016.11.27)

 

彼らは、新しい歌を歌って言った。「あなたは、巻き物を受け取って、その封印を解くのにふさわしい方です。あなたは、ほふられて、その血により、あらゆる部族、国語、民族、国民の中から、神のために人々を贖い、私たちの神のために、この人々を王国とし、祭司とされました。彼らは地上を治めるのです。」(ヨハネ黙示録5章9-10節)

  • はじめに…本主日からイエス様のご降誕を待ち望むアドベントに入りました。私たちはクリスマス・クランツに4本(5本)のローソクを立てて、アドベントの主日毎に1本ずつ明かりを灯していきます。今日はその1本目で「アブラハムのキャンドル」です。主の約束を信じて信仰の歩みを始めた“信仰の父”ゆえに、約束の成就としてのイエス様の誕生へと引き継がれてきたことを想起するキャンドルです。「アブラハムの子孫、ダビデの子孫、イエス・キリストの系図」。新約聖書の冒頭、マタイ福音書1章1節に記されたみことばです。
  • 主イエスの恵み…新約聖書の最後は 主イエスの恵みがすべての者とともにあるように。アーメン。」(ヨハネ黙示録2221節)です。アブラハムに与えられた信仰の目指すところは、“主イエス様の恵みがすべての者とともにあるように”との切なる願いです。恵みは、行い(たとえば賛美や祈り)に対する対価ではありません。イエス様の先行する恵みに対する応答が、賛美と祈りになると言えるでしょう。その最たるものが“罪の赦し”です。
  • 新しい歌…今日のテキストは「新しい歌」が主題です。何が新しいのでしょうか? それは賛美の対象が、4章の“神であられる主”から“ほふられたと見える小羊”になったということです。小羊、すなわち十字架と復活のイエス様が賛美の対象になったことが“新しい”のです。この方が御座と長老たちの間(中心)に立っておられたのです。その偉大さのゆえに、多くのことばはたった一言「アーメン」になり、さらに、ことばさえも逸して、ただひれ伏すのみになりました(黙示録5章14節)
  • 天の故郷…ここは、かつてアブラハムが、父の家を出て、行き先を知らずに求めて旅立った“天の故郷”(ヘブル11章16節)であり、ここに“ほふられたと見える小羊”なるイエス様がおられるのを、使徒ヨハネは見たのです。墓の封印を破ったイエス様ただお一人、唯一、巻き物の封印を解くにふさわしい方です。
  • 結び…イエス様に栄光がありますように。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ