Posted on 01/16/2017 at 19:05, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『与えられた香(黙示録 その21)』(2017.1.15)

 

また、もうひとりの御使いが出て来て、金の香炉を持って祭壇のところに立った。彼にたくさんの香が与えられた。すべての聖徒の祈りとともに、御座の前にある金の祭壇の上にささげるためであった。(ヨハネ黙示録8章3節)

 

  • はじめに…昨年のちょうどこの日、オリーブ山からエルサレムを展望しました。抜けるような青空でした。それから山を歩いて下り、ゲッセマネの園へ。
  • ゲッセマネの祈り…イエス様は、十字架に架かられる前夜、このゲッセマネ(油絞り)で、まさに搾油機でオリーブ油を最後の一滴まで搾り出すような祈りを、主に捧げられました。そこにイエス様の祈りを記念する万国民教会が建てられています。
  • 天使の祈り…今日のテキストは、イエス様がこの地の最も低いところでうつ伏して祈られたのとは反対に、天では御使いが祈っています。「金の香炉を持って祭壇のところに立った」とあります。祭壇は香壇のことです。地において香壇の前に立つことができたのは、年に一度、「贖罪の日」に大祭司がイスラエルの民を代表して立ちました。または、くじに当たった祭司が(一生に一度)、朝夕の香をたく祈りの務めに立ちました。その聖い場に立った御使いに“たくさんの香”、すなわち“祈り”が与えられたのです。
  • すべてに勝る愛…ソロモンの若い時の著作といわれている「雅歌」に「私の妹、花嫁よ。あなたの愛は(…)すべての香料にもまさっている」(雅歌4章10節)、「あなたの産み出すものは(…)香料の最上のものすべて」(同14節)と記されています。つまり“香”は“祈り”であり、祈りは“愛”だということです。そして、その“愛”が「与えられた」のです。裏を返せば、私たちには(御使いにも)、生まれながらの愛はなく、愛は、ただただ主から「与えられる」ものだということです。では、その愛は一体、どんな愛で、どこで与えられるのかと言えば、イエス様のゲッセマネの愛(祈り)であり、最も低いところ、暗いところ、この地のどん底、この地の片隅で与えられるのです。「生きよ」「生かす」と、贖いの主は、私たちのために今日も祈って下さっています。
  • 結び…私たちに愛と祈りを与えて下さり、生かして下さる主に栄光がありますように。

 

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ