Posted on 02/05/2017 at 16:54, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『滅びの河と生命の河(黙示録 その24)』(2017.2.5)

 

その声がラッパを持っている第六の御使いに言った。「大川ユーフラテスのほとりにつながれている四人の御使いを解き放せ。」(ヨハネ黙示録9章14節)

 

  • はじめに…先週の水曜日から風邪をひいて、土曜から日曜にかけてのメッセージの準備も危ういかも…。そんな状態でした。それで土曜は早めに床に就き、iPadで水の流れる音を聴きながら仮眠をとりました。
  • 第六のラッパのさばき…今日のテキストは第七の封印が解かれ、神の御前に立つ七人の御使いそれぞれラッパを持っており、そのラッパを御使いが順に吹き鳴らす度に、次々とさばきの出来事が起こる訳ですが、その第六のラッパです。このラッパが吹き鳴らされると、祭壇の四隅の角から声がしたのをヨハネは聞きました。「大川ユーフラテスのほとりにつながれている四人の御使いを解き放せ」
  • 滅びの河…ユーフラテスのほとりに“つながれていた”四人の御使いの使命は、人類の三分の一を殺すことです。どんなに正当な理由があったとしても、人を殺すという行為が許可されるというのは、心情的には受け入れ難いことです。しかしサタンの支配する王国の結末は、堕天使(悪の天使)によって罪人(悪人)が裁かれる世界だということです。「天に唾する」道理です。ユーフラテス川は、トルコ北東部の山地を源流としてペルシャ湾に注ぐ全長2780キロに及ぶ大河です。ユーフラテスが氾濫し、大水が押し寄せるように騎兵の軍勢2億が襲い掛かって来るのです(黙示録9章16節、イザヤ8章7-8a節参照)。ユーフラテスは“滅びの河”の象徴なのです。
  • 生命の河…ユーフラテスの大河に対して、イザヤは“シロアハ”の水を引き合いにしています(ヒゼキヤトンネル(ギホンの泉からシロアムの池まで)は全長533メートル)。それは生命の源、神の恵みの源、つまり“生命の河”です(ヨハネ7章37-38節、同9章7節参照)。そして黙示録22章で使徒ヨハネは、神の都の中央に「いのちの水の川」と「いのちの木」(黙示録22章1-2節参照)を見ています。
  • 結び…確かに恵みの主は、私たちに「いのちの水の川」「シロアハの水」そして「いのちの木」を与えて下さり、日々、生命を支え、いやしの御業を成し、ご自身の栄光を顕しておられます。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ