Posted on 03/05/2017 at 19:17, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『神によって備えられた場所(黙示録 その28)』(2017.3.5)

女は荒野に逃げた。そこには、千二百六十日の間彼女を養うために、神によって備えられた場所があった。(ヨハネ黙示録12章6節)

  • はじめに…私たちがいとすぎで牧会を始めてから今月末で丸7年が終わります。これまでの道のりは長かったような、短かったような…。ただ主の守りと導きがあったことは確信しています。
  • 南アフリカ…私たちが韓国から日本に帰って来て、しばらく東京の教会に仕えていたことがあります。そのときベトナムへ行く機会があり、そこでセミナーがあり、講師が南アフリカで伝道していた韓国の牧師でした。その教会は“橋の下教会”という名称でした。その先生のあり方に共感を覚え、何か協力したいという願いが与えられていまたが、頓挫したままになっていました。そこに過日、Mさんご夫妻がいとすぎ教会を訪ねてくださり、ご主人が南アフリカ出身とのことで、再び、南アフリカが身近になりました。
  • 7人の登場人物…さて今日は黙示録12章からみことばを聞きます。12章から13章にかけて大患難時代の後半の3年半に登場する7人の者があります。①太陽を来た一人の女(12章1節)、②女の産んだ男の子(同5節)、③残りの者(同17節)、④天使長ミカエル(同7節)、そして⑤赤い竜(同3節)、⑥海から来た獣(13章1節)、⑦地から来た獣(同11節)。その中で、一人の女に焦点を当てて、聖霊様にみことばの奥義を照らして頂きたいと思います。
  • 女は男の子を産んだ…「女」とは誰で、また「男の子」とは誰でしょうか? そしてこのみことばは何を意味しているのでしょうか? 具体的には、「女」はイスラエル(霊的には旧約と新約を貫く神の教会)です。「男の子」はキリストです。そしてこれは旧約の預言の成就です(イザヤ7章14節、詩篇2篇8-9節参照)
  • 荒野に逃げた…「女は荒野に逃げ」ます。“走って逃げる”が原意ですから、敗走しているかのように見えます。しかし、その荒野には、「主が備えられた(=堅く立てられた、定められた)場所があった」と、みことばは告げています(出エジプト14章5節、ミカ4章1節、ヨハネ14章2節参照)。この世的には敗北のように見えても、今、私たちの立っているところに、主の大きなご計画と祝福があります。
  • 結び…新しい月も、心騒がすことなく、主にある平安の中で過ごし、その生き様を通して主を証しする皆さんでありますように。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ