Posted on 03/19/2017 at 21:09, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『浪費それとも愛』(2017.3.19)

 

マリヤは、非常に高価な、純粋なナルドの香油三百グラムを取って、イエスの足に塗り、彼女の髪の毛でイエスの足をぬぐった。家は香油のかおりでいっぱいになった。(ヨハネ福音書12章3節)

  • はじめに…先週、職場で認知症と、ICF(国際生活機能分類)の概念についての学びがありました。3事業所のうちのひとつの事業所は“認知症にやさしいケア”ということを特徴にしていますが、目指すべきは“認知症がやさしい社会(介護者)を創る”ということではないか、そんな思いを抱きました。現状(情報)をどう解釈するかで、生き方、関わり方がまったく違ってくる訳です。
  • 過越の祭りの6日前…さて、今日のテキストは、過越の祭りの6日前の出来事です(ヨハネ12章1節)。先週は祭りの巡礼者が誤って墓や死体に触れて身を汚して祭りに参加できなくなることを防止するために、祭りの1カ月前には墓を白く塗って備えをするということを学びました。同様に、祭りを目前にして会計係だったユダは、準備のためにいろいろと算段を巡らしていたことでしょう。
  • 何て無駄なことを…そのユダをはじめとするイエス様の弟子たちの目の前で、マリヤがナルドの香油300グラムを惜しげもなくイエス様に注いだのです。弟子たちは「なぜ、貧しい人に施さなかったのか」「何のために、こんなむだなことをするのか」(ヨハネ12章5節、マタイ26章8節)と憤慨しました。
  • 埋葬の準備をしてくれた…その弟子たちの責めに対して、イエス様は「わたしの埋葬の用意をしてくれたのです」(ヨハネ12章12節)と、マリヤの行為を解釈(意味づけ)されました。当時のユダヤの若い女性は、新婚に備えて香油を準備していました。その貴重な香油をマリヤはすべてイエス様に注いだのです。大切なものを自分のためでもなく、他者への施しのためでもなく、時期を逸することなくイエス様のために用いたのです。その愛の行為が香りとなって部屋いっぱいに満ちました。
  • 王・祭司・花婿なる主…その後、イエス様はエルサレムに入城され、群衆は「ホサナ! イスラエルの王」(ヨハネ12章13節)と叫びました。そしてイエス様は十字架で「完了した(花嫁になった/筆者私訳)」(ヨハネ19章30節)と言われ、霊を渡されました。イエス様は、十字架のあがないの愛で、すなわち花婿が花嫁を愛する愛を貫徹されたのです。(※ヘブル語で「完了した」と「花嫁」は同じ語根「カーラー」から成っている)
  • 結び…新しい週、皆さん一人ひとりの在り方を花婿の花嫁に対する愛のまなざしを持って接してくださる主がおられます。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ