Posted on 07/30/2017 at 14:49, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『離れなさい』(黙示録その34)(2017.7.30)

 

それから、私は、天からのもう一つの声がこう言うのを聞いた。「わが民よ。この女から離れなさい。その罪にあずからないため、また、その災害を受けないためです。                                           (ヨハネ黙示録18章4節)

  • はじめに…先週、先々週と夏季休暇をいただき、祈りと賛美の礼拝を眞津代牧師と二人で捧げました。イエス様がしばしば寂しい所へ一人退いて祈られ、疲れをいやし、新たな力に満たされたように、祈りによって、蓄積した疲れをいやされ、聖霊による新たな力を得させて頂いたと感じています。
  • 日野原先生召天…この二週間でもっとも大きなニュースは、日野原重明先生(聖路加国際病院名誉院長)の召天(享年105)でした。医師として戦時中は東京大空襲の被災者の治療に従事し、70年の赤軍派による「よど号ハイジャック事件」の日航機に乗り合わせ、そこから無事生還したことが、のちの先生の生き方に決定的な影響を与えたのでした。「今の自分のいのちは与えられたいのち。このいのちを自分のためでははなく、人のために用いることが使命」。思いがけない苦難が、先生自身の人生を益に変え、他の多くの人々の人生を益に変え続けました。
  • 離れなさい…今日の聖書の箇所のキーワードは“離れなさい”です。何から離れるのかと言えば、「この女」すなわちバビロン=ローマです。政治的・経済的・宗教的、そして文化・文明的な大国です。聖書の記述は、創世記から黙示録に至るまで、人間的な文化・文明の進歩に対して批判的です。アブラハムの故郷からの旅立ちしかり、ロトのソドム・ゴモラからの脱出しかり。なぜなら、文化・文明の進歩は、往々にして神から離れ、信仰の後退、すなわちサタンの支配に置かれることが少なくないからです。物質文明が頂点に達した、その末路は滅びです。
  • みことばに基づく文化…この必ず滅ぶ文明社会の中に私たちは生きています。生かされています。そこから“離れなさい”と天使がメッセージを伝えています。すなわち、この世の声(サタンの声)、人間のことばに信頼を置くのか、それとも天の声、みことばに信頼を置いて生きるのか、信仰が問われています。日野原先生はこのように言いました。「文化は命を愛するものである。命を傷つけるものは、文化でも文明でもない。」
    「外科手術や化学療法の発達した今日でもなお、最も大切な治療法の一つは、キリストの時代のごとく、『言葉による癒し』なのである。」
  • 結び…聖書のことばと言うと、「時代遅れ」「時代錯誤」などと冷笑されるような風潮があるでしょう。しかし、みことばは決して廃れることなく必ず成就する永遠の真理です。みことばに信頼して歩む皆さんであるよう祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ