Posted on 08/27/2017 at 21:05, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『マラナ・タ(主よ、来てください)』(黙示録その38)(2017.8.27)

 

主イエスの恵みがすべての者とともにあるように(ヨハネ黙示録22章21節)

  • はじめに…来年、HⅡ-Aロケットに、愛知工科大学と蒲郡の企業が合同で製作している「超小型人工衛星」が搭載され、打ち上げられるというニュースがありました。この人工衛星のサイズは縦・横・高さが10センチの立方体ということです。
  • 立方体…立方体というとモーセの幕屋の“至聖所”は縦・横・高さが10キュビト(約4・5メートル)です。そして黙示録に記されてある“聖なる都、新しいエルサレム”は縦・横・高さが12000スタディオン(約2220キロメートル)で、日本列島がすっぽり入る大きさの立方体です(黙示録21章16節参照)。至聖所も新しいエルサレムもともに立方体であって、神様の臨在される場所です。また大祭司が年に一度入ることが許され、あるいはいのちの書にその名が記された聖徒が永遠に住まうところです。
  • 宝箱…黙示録21章は聖都の外観が示され、22章はその内側の光景が記されています。都の中央に「いのちの水の川」が流れ、その両岸に「いのちの木」があります。「いのちの水の川」は光り輝き、渇きをいやし、「いのちの木」は毎月、実をつけ、その葉は、人々をいやし(力を与える)ます。神と小羊の御座があり、しもべ達は礼拝し神の御顔を仰ぎます。まさに聖都は、外観も内側もともに輝きに溢れている“宝箱”です。
  • 敗北は復活の証…史上最年少プロ棋士の藤井聡太四段(15歳)の怒涛の快進撃のきっかけとなった加藤一二三九段(77歳)。通算記録は2497戦(歴代1位)1323勝(歴代3位)1173敗(歴代1位)。将棋界最多敗戦記録保持者でもあります。「人は生きていく上で敗北を経験せずにはいられない存在。大切なのはいかなる逆境の中でも『希望』を捨てない不撓不屈(ふとうふくつ)の精神」「敗北とは絶望や終焉を意味するものではない」「人間はどんなところからでも出直せる」「『負けました』と頭を下げても、真摯に将棋を指し続けた、その積み重ねが『1100敗』という記録なのです。いわば私の『復活の証』なのです」と、『負けて強くなる』(宝島社新書)で語っています。“主の恵み”とは、まさに将来の希望に裏付けられた復活の力といって良いでしょう。
  • 結び…新しいエルサレムで、主とともに喜んで生きる希望に裏打ちされた日々を真摯に生きる皆さんであるよう、お祈りします。マラナ・タ(主よ、来てください)

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ