Posted on 01/01/2018 at 19:24, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『ルカによる献呈の辞』(イエス・キリストの生涯 序)(2017.12.31)

 

私たちの間ですでに確信されている出来事については、(多くの人が記事にまとめて書き上げようと、すでに試みておりますので、)◆初めからの目撃者で、みことばに仕える者となった人々が、私たちに伝えたそのとおりを、◆私も、すべてのことを初めから綿密に調べておりますから、あなたのために、順序を立てて書いて差し上げるのがよいと思います。尊敬するテオピロ殿◆それによって、すでに教えを受けられた事がらが正確な事実であることを、よくわかっていただきたいと存じます。(ルカ福音書1章1-4節)

 

  • はじめに…先週、IKEA長久手店へ行って、ソファベッドを購入しました。それは、どなたでもこのソファベッドで寛(くつろ)いで、こころと身体の疲れをいやして頂ければ…という願いがあってのことです。日が暮れかかってから出かけたので、帰路に就くときにはすっかり日は落ちていました。行きも帰りも同じ道を通ったのですが、街並みや風景はまったく違って見えました。ある意味“新鮮”に感じました
  • 来年のメッセージの内容…今年2017年も今日で最後です。いとすぎ教会の今年の主題は『救いは御座のイエスにある―告白を生きる』でしたが、天の御座のイエス様を意識しながら過ごせたでしょうか? 来年は、さらにイエス様を近くに意識し、臨在(存在)を日々感じながら生活できればと願っています。そのためにイエス様の生涯を、順を追って観ていくことにします。基本として中川健一師による『メシアの生涯』のメッセージに沿って、霊の糧にしていきたいと考えています。今回は第1回の学びの準備とします。
  • メッセージの方法…皆さんに次回メッセージのためのレジメをお渡しします。そのレジメを用いて一週間黙想して下さい。次のメッセージではレジメを用いて黙想した中で、特に霊の感動を受けたことをお話しますので、それを切っ掛けにして分かち合いの時を持ち、その中で主からのメッセージを聞き取るというスタイルにします。はじめての試みですからどのような展開になるのか、まったく未知数ですが、きっと主が道を整えて下さると信じています。
  • 結び…2017年のそれぞれの歩みを支えて下さった主イエス様に感謝をささげ、主の年2018年の幕開けを待ち望みましょう。

 

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ