Posted on 08/16/2020 at 15:50, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『みことばのエピセンター』(イエス・キリストの生涯 その121)(2020.8.16)

主のことばがあなたがたのところから出て、マケドニアとアカイアに響き渡っただけでなく、神に対するあなたがたの信仰が、あらゆる場所に伝わっています。そのため、私たちは何も言う必要がありません。(テサロニケ人への手紙第1 1章8節)

  • はじめに…新型コロナウイルスの感染は依然、拡大し続けています。その中で“東京のエピセンター化”ということが言われています。エピセンターとは、「感染者・とくに無症状の感染者が集まり、感染が持続的に集積する地域」のことです。もともとは地震の際に使用される言葉で、震源の真上の地点「震央」のことです。最も影響の大きいと言われている場所のことです。
  • 再臨待望…テサロニケ教会は、パウロの第二伝道旅行の際、わずかに3週間の宣教によって創設された教会でした(使徒の働き17章2節参照)。たった3週間しか宣教活動ができなかったのは、ユダヤ人たちによる迫害があったからでした。パウロたちは後ろ髪を引かれる思いでテサロニケの地を離れざるを得ませんでした。それでも宣教の成果は大きく、模範的な教会に成長しました。ただテサロニケ教会の信徒の大多数は異邦人(ギリシヤ人)でした。ゆえにギリシヤ的な生活環境に取り囲まれていました。ですから容易にギリシヤ的な思考、振る舞いへと“先祖返り”してしまう危険性があり、事実、そうなっていったのです。徐々に中心軸がずれ、歪んだりしてきたようで、それを元通りに調整するために書かれたのがこのテサロニケ人への手紙です。第1章はその中心軸が何だったのかが書かれています。それは“再臨”の待望です。
  • 生けるまとこの神への立ち返り…テサロニケの人々は、パウロの第二伝道旅行における宣教を聞き、生命のない、誤りの神、すなわち偶像から、生けるまことの神の実在と、その愛と目的(イエス様が私たちを新天新地に迎え入れ永遠に主との霊的な交わりのなかで生きること)を悟り、立ち返ったのです。すなわち救い主イエス様の再臨を確信し、その確信ゆえに忍耐し労苦し、苦難のなかにあっても聖霊による喜びで生き生きと輝いて生きていたのです。その生き様がテサロニケの地から四方八方へ、その信仰が響き渡ったのです。
  • 聖なる者として…それは神に愛され、神に選ばれている生き方、すなわち“聖別”された生き方でした。世や偶像に感化されない生き方、たとえれば海の中を自由に泳ぐ魚は、塩気を内に含まないのと同様です。その背後にはイエス様ご自身の私たちに対するとりなしの祈りがあります。「聖なる父。あなたがわたしに下さっているあなたの御名の中に、彼らを守ってください」(ヨハネ福音書17章11節)。
  • 結び…聖なる御名で守って下さっているイエス様に感謝します。
Posted on 08/09/2020 at 15:39, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『常祷・援祷・苦祷』(イエス・キリストの生涯 その120)(2020.8.9)

たゆみなく祈りなさい。感謝をもって祈りつつ、目を覚ましていなさい。(コロサイ人への手紙4章2節)

  • はじめに…原爆が投下されてすぐに救護活動に参加した医学生の濱清(はま きよし・故人)氏は、当時を回想して次のように述べています。「(救護活動を行った)山里地区は浦上天主堂に近いキリシタンの里で、負傷者の多くはカトリック信者の方々でした。(…)全身に真白に軟膏を塗られ、ほとんど身動きも出来ないほど衰弱しきった人たちが、夕方になるといっせいに身を起こしてタベの祈りを捧げる光景がうす暗い病室の中に見られました。そうしてその人たちも2~3日の間につぎつぎに死んでいきました。言葉に言い表しようのない哀しみと、この人たちをこのような残酷な目に会わせることを許し、しかもなお祈りの対象となっている彼らの神に対し深い怒りを感じたのを記憶しております。(…)あの祈りの姿に、すべてを奪われた人間に遺されたただ一つの尊厳の姿を見たのかもしれない(人間の犯した罪に対する謝罪の祈り(とりなし)だったのではないか)と思い至ったのは年月を経てからのことでした。」
  • 常祷…パウロはコロサイの教会の人たちに「たゆみなく祈りなさい」(コロサイ4章2節)と勧めています。“常に祈れ”ということです。祈りは“霊の呼吸”です。祈りが途絶えるとき、私たちの霊は窒息し、死んでしまいます。しかも“感謝をもって祈れ”と。要求ばかりの祈りをしていないか、問われます。
  • 援祷…また、「私たちのためにも祈ってください」(同3節)と、祈りの応援を要請しています。私たち自身の祈りと隣人の祈りが合わさることで、キリストの奥義、教会の奥義の門が開かれるのです。奥義とはユダヤ人と異邦人がともに救いに与るということです。開いてくださるのは主ご自身です。
  • 苦祷…そして「エパフラスが、(…)あなたがたのために祈りに励んでいます」(同12節)と、パウロは同労の祈りの働きを明らかにしています。エパフラスはコロサイ教会の人たちの信仰と愛をパウロに伝えました(同1章7-8節)。“励む”は“力を尽くす”“苦闘する”という意味です。“苦祷”する力は自力ではなく「うちに力強く働くキリストの力」(同29節)です。あの被爆者の尊厳を保ち、夕べの祈りに導いた、主の力です。
  • 結び…私たち一人ひとりを愛の帯でしっかり結び、それぞれの場所にあって、常祷、援祷、苦祷しつつ、平和の主なるイエス様の身体として、日々新しく成長させて下さる全能の主に感謝します。
Posted on 12/31/2018 at 17:11, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『主の奇跡』(イエス・キリストの生涯 その46)(2018.12.30)

わがたましいよ。主をほめたたえよ。主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。(詩篇103篇2節)

  • はじめに…主の年2018年もあと1日で終わり、2019年にバトンタッチされます。今年2月に『イースターからいとすぎ教会は新しい歩みを始める』と、主の言葉を頂きました。そして、その通り私たちが想像もしなかった出来事が次々に起こり、主の憐れみに心から感謝します。①孫2人の受浸②悪性リンパ腫を患った友人が主によっていやされる③愛知県以外の方々が教会を訪問、また出会い④多くの方々の異言の解き明かしを通じて、主の御旨を知る等…。奇跡とは、過ぎ去って振り返った時に気づく主の足跡です。主はいつも将来を語られ、私たちは過去を振り返って主の奇跡を確信し、将来を見ます。
  • もうひとつのクリスマス…シメオンは『メシアを見るまでは死なない』(ルカ2章26節)と聖霊のお告げを受け、その時を待っていました。そしてイエス様が誕生後8日目に神殿に両親と共に行った時、シメオンは出会います。『ついに待ち望んだメシアを見た』(同30節)と歓喜し、『このメシアは異邦人の光』(同32節)であると預言します。それはユダヤ人によって異邦人の祝福が明示された出来事でした。それからおよそ2年後、東方より博士が不思議な星(主の光)に導かれ、メシアを訪ねてやって来ます。そして幼子イエス様を礼拝しました。異邦人として最初にクリスマスを祝ったのです。
  • 主の奇跡…アブラハムを通して『すべての人を祝福する』(創世記12章3節)と主は約束されました。ユダヤ人である羊飼いたち、異邦人である東方の博士たち、共にイエス様の誕生を祝いました。まさに“すべての人を祝福する異邦人の光”が実現しました。最初のクリスマスの出来事を振り返る時、主の奇跡を見ます。
  • 結び…将来を約束し語って下さる主。過ぎ行く2018年を振り返りつつ、新しい2019年も、主の確かな愛の約束を望み、感謝します。「わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。――主の御告げ。――それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。」(エレミヤ29章11節)
Posted on 12/23/2018 at 19:42, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『イエス・キリストの誕生』(第4アドベント)(2018.12.23)

さて、この土地に、羊飼いたちが、野宿で夜番をしながら羊の群れを見守っていた。すると、主の使いが彼らのところに来て、主の栄光が回りを照らしたので、彼らはひどく恐れた。御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。

(ルカによる福音書2章8-10節)

  • はじめに…きょうは4本目と5本目のキャンドルに火が灯りました。これは「マリアのキャンドル」と「キリストのキャンドル」です。「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。」(ルカ1章38節)と、みこころを受け止めたマリアの信仰による従順を象徴するキャンドルです。そして闇を照らす「世の光」が、主イエス・キリストであることを象徴するキャンドルです(ヨハネ1章5、9節、8章12節参照)。
  • 野宿で夜番…今日の夜明け前、満月が空高く冬至の夜空を冷え冷えと照らしていました。あまりに遠く、寂寥感と孤独を感ぜざるを得ませんでした。「草木も眠る丑三つ時」とはよく言ったものです。私自身、夜勤の経験がありますが、皆が寝静まった時間に仕事をすることは結構、辛いものです。その時の感じを思い出したのかも知れません。今日の聖書のテキストでは、羊飼いたちが野宿をしながら羊を狼などの外敵から守る夜番をしていたことが記されてあります(ルカ2章8節)。生業とはいえ、賎業とみなされ、罪人扱いされながらの働きはきっと辛いものだったでしょう。あるいは割り切っていた羊飼いもいたかも知れません。
  • 主の栄光…その彼らの周囲を“主の栄光”が照ったのです。思いがけない、予測不能の、ある意味、異常な出来事が起こったのです。月明かりでもなく、星の輝きでもなく、また流れ星でもオーロラでもなく、イスラエルの民の間から久しく姿を消していた“主の栄光”に照らされたのです。予想もしていなかったあまりの出来事に羊飼いたちはひどく恐れたのです(同9節)。
  • 御使いの知らせと賛美…その恐れ惑う彼らに、御使いが「恐れることはありません。喜びを知らせに来た」(同10節)と告げます。その内容は「救い主が生まれ、布にくるまって飼葉おけに寝ている」(同11節)というものでした。それに続き賛美が響き渡りました。「いと高き所に、栄光が、神にあるように。地の上に、平和が、御心にかなう人々にあるように」(同14節)。
  • 結び…栄光と平和。別の言葉に言い替えるなら喜びと感動、そして和解の力。その源泉が、旅先でのイエス様の誕生に込められた奥義です。
Posted on 12/16/2018 at 15:07, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『主の約束のリレー』(第3アドベント)(2018.12.16)

預言者イザヤの書にこう書いてある。「見よ。わたしは使いをあなたの前に遣わし、あなたの道を整えさせよう」(マルコによる福音書1章2節)

  • はじめに…2018年のアドベントの第3週を迎えました。メシア・イエス様のご誕生を感謝と喜びをもって祝いつつ、アドベント・キャンドルに1本ずつ火を灯していきます。そして再び来られるその時を待ち望みます。今日の3本目のキャンドルは「バプテスマのヨハネのキャンドル」です。
  • 父なる神のご計画…マルコは「神の子イエス・キリストの福音のはじめ」(マルコ1章1節)としてバプテスマのヨハネ(以後ヨハネと記す)を紹介しています。それはイエス様の公生涯はヨハネの登場から始まっていることを示唆しています。マルコ1章2節では「父なる神はイエスに使い(ヨハネ)を遣わし、イエスの道を整えさせる」、同3節では「荒野にて彼(ヨハネ)に呼ばわり、イエスの道を用意せよ」と命じられました。主は預言者を通してメシアの到来と、その前に主が使いを遣わすことを約束されました。そしてヨハネの登場により、この約束が実現したのです。マルコが引用したイザヤ書のことばは出エジプト記23章20節、イザヤ書40章3節、マラキ書3章1-3節をまとめたものです。
  • 荒野にて、主の約束…エジプトから救い出されたにも関わらず、民のつぶやきは噴出します。そのような民に主は、モーセを通して使い(イエス様)を送り、「あなたを守り、導く」(出エジプト23章20節)と約束されます。また主は、主への背信によってバビロンに捕囚となることを告げますが、イザヤを通して慰めと解放を約束されます(イザヤ書40章3節)。捕囚から解放後、ギリシヤの支配下で苦しみ、神に背く民、そして祭司までが堕落しました。主はその罪を指摘されます。しかしマラキを通してメシアを送ることを約束されました(マラキ書3章1-3節)。民は主に背を向けてばかりです。それでも主はその背中から「あなたを守り、導く、メシアを送る」と語り続けられました。そしてその約束はヨハネの登場、イエス様へのバトンタッチによって実現しました。
  • 結び…私たちの人生において荒野を通ります。主はどんな時も、その荒野を共に歩いて下さいます。ヨハネからイエス様へ、そしてイエス様の約束は私たちに。感謝。
アーカイブ ログイン お問い合わせ