Posted on 03/19/2017 at 21:27, by matsumoto

集会と活動のご案内

集会と活動のご案内

すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。(マタイによる福音書11章28節)

どうぞ、お気軽に日曜日の礼拝にいらして下さい。お待ちしています。

《集会のご案内》

◇主日礼拝/日曜日 午前10時半~12時(Zoomで参加の方は ミーティングID:619 286 4474 パスワード:3D3M69 ※10時20分から10時30分の間にアクセスしてください)

◇早天祈祷会/毎日 午前5時半~6時半

◇火曜聖書学び会/毎週火曜日 午後2時~3時半(変更する場合がありますので、電話、メールでご確認ください)

《教会活動のご案内》

◇キリスト教式結婚式・葬儀・記念会(自由献金)

◇訪問聖餐式・訪問礼拝(無料)

◇人生(霊性)相談/随時(電話および面談)(無料)

◇いとすぎ霊性セミナーの開催(年2回/5月・10月予定 現在休止中)

◇NPOアジアン・ブリッジ(アジアの子ども達への支援)

◇マザーテレサ写真展企画

お問い合わせは、

au 090-9935-7053・固定 0568-89-2778

まで。

上記活動はすべて皆様の尊い献金によってなされています。感謝します。

なお、献金の送付先は以下の通りですので、よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行
 
記号12110 番号346951
 
なまえ マツモト マツヨ
 
(他銀行からの振込みの場合
【店名】二一八【店番】218【預金種目】普通預金【口座番号】0034695)
Posted on 05/09/2021 at 09:18, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『空腹を満腹に、さらに満福へ』(イエス・キリストの生涯 その159)(2021.5.9)

私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。(マタイの福音書6章11節)

  • はじめに…介護業界は、年度毎に介護報酬の改定が行なわれます。そして毎年のように改定に伴う対応に追われます。万が一、保険請求に不備があれば報酬の支払いが繰り越される事態が発生し、場合によっては事業所の存続、ひいてはスタッフの給与や雇用にも影響を与えかねません。先週も血圧の上がる事案があり寿命の縮む思いをしました。結果的には何とか対処し、ホッとしています。やはり「祈って最善を尽くす」ことが事態を打開する鍵になることを改めて確信しました。
  • 空腹…食糧問題、経済問題は私たちが生きる上で切実な問題です。食べる物がなくなり空腹になれば、不平不満が生まれます。エジプトを脱出したイスラエルの民が、荒野放浪中で食べる物がなくなり、リーダーのモーセにつぶやいた記事からも、空腹時の人々の心理状態がどのようなものか良く分かります(出エジプト16章3節)。天の父なる神は、そんな人々の思いを百も承知で、そのつぶやきを聞き、その日から毎日、一日分ずつ、天からパン(マナ)を降るようにされました(例外もありました)。それはイスラエルの民が約束の地カナンに入る時まで四十年間、続きました(同35節)
  • 日毎の糧を今日も与え給え…「日ごとの」というのはヘブル語聖書では「フーケヌー」(חוּקֵנוּ)と記してあります。これは「神から受ける分として定められた」という意味になります。ですからこの祈りは「あなた(天の父)が私たち一人ひとりに、それぞれの受ける分として定めておられるパンを今日も与えてください」となります。天の父に主導権があるということです。私たちが働いた(努力した)分の対価として、ではないということです。しかし天の父は、私たちを困らせたり、失望させたりされる方ではありません。恵みに恵みを加えて下さる方です。祝福で満たそうと計画しておられる方です。
  • 結び…主のみこころ、恵み、祝福に対する信頼の記録、それが「主の祈り」です。そしてその中心である第四の祈り「日ごとの糧をきょうもお与えください」という祈りに他なりません。「主の祈り」こそ霊的経済の貨幣なのです。イエス様の教えて下さった「主の祈り」を胸の内に抱き、日々、主に信頼し主に祈ること、それが天からの恵みと地からの感謝の通路を開く、祝福、満福(幸福に満たされる)の経世済民の神の国の証しなのです。
Posted on 05/02/2021 at 05:20, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『みこころが行なわれますように』(イエス・キリストの生涯 その158)(2021.5.2)

御国が来ますように。みこころが天で行なわれるように地でも行なわれますように。(マタイの福音書6章10節)

  • はじめに…私たちは事実(真実)の本質を理解することが、なかなか出来ません。むしろ自分勝手な解釈、判断をしてしまいがちです。そのことを「正常バイアス」とか「認知の歪み」と言います。危険が間近に迫っているのに「まあ、これくらいなら大丈夫だろう…」とか、「どうせ自分なんか何も出来ないし…」「誰からも愛されていないし、幸せになれない…」とか、「あの人は○○な人だから」とか、です。
  • みこころ…先主日は「御国」について学びました。その「御国」は、人間の法律や道徳、法則や理論ではなく、「みこころ」によって治められているのです。では「みこころ」とは一体、何でしょうか? 視点を変えて「みこころ」が行なわれる場は、どのような雰囲気に包まれるでしょうか? 先週の礼拝後、ズームで参加しているМさんが「祝祷が祈られる直前の沈黙のとき、天から水が流れる音のような、大勢の人(天使)の声のような音が聞こえました」と証ししてくれました。まさしく“聖なる都、新しいエルサレム(天の御国)の様子(黙示録21、22章)”が実況中継されたのでしょう。その証しを聞いて私たちは確信と励まし、喜びを実感しました。まさに、天で行なわれている「みこころ」が、この地でも行なわれていることの証しなのだと言えるのではないでしょうか。
  • みこころが行なわれますように…「みこころ」はヘブル語で“ラーツォーン”です。①みこころをおこなう、②喜び、③愛する、④喜んで受け入れる、という意味です。つまり「みこころ」とは、主が私たちを喜んでおられること、私たちを愛しておられること、そして私たちを受け入れておられることです。そして「行なう」は“アーサー”で、①する、②造る、③恵みを施す、④いけえをささげる、という意味です。つまり「みこころ」は、私たちに対する主の創造、恵み、そして犠牲の御業だということになります。大胆に今日のテキストの祈りを意訳すれば「天の御国と同様、今、この地に生きる私たちを日々創造し、恵みを施し、身を投げ出して、私たちを愛し、喜び、包み込んでくださいますように」という祈りになります。
  • 結び…主は、私たちの祈りを聞いて下さり、創造のはじめに「非常に良かった」と感動されたのと同じ霊の感動をもって私たち一人ひとりの存在を喜んで下さり、祈りに応答して下さる方です。主に信頼しつつ、新しい月も新しいことをして下さる期待と希望をもって歩んでいけることを感謝します。
Posted on 04/25/2021 at 09:33, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『御国が来ますように』(イエス・キリストの生涯 その157)(2012.4.25)

御国が来ますように。みこころが天で行なわれるように地でも行なわれますように。(マタイの福音書6章10節)

  • はじめに…先週23日、日本人宇宙飛行士・星出彰彦さんが搭乗する「米民間宇宙船クルードラゴン2号機」が打ち上げられ、翌24日、国際宇宙ステーション(ISS)にドッキング成功し、ハッチが開かれると星出さんが一番にISSに乗り込み、昨年11月から滞在中の野口聡一さんと対面し、喜びの弾ける笑顔で抱き合っている様子が写真入りで伝えられていました。地球の外での対面は、大きな感動だったことでしょう。
  • 御名をあがめる祈り…「主の祈り」を連続して共に学んでいますが、本主日はその3回目、「御国が来ますように」の箇所から聴いていきたいと思います。前回は、イエス様が“アバ(おとうちゃん)”と呼んだ「御名」(マルコ14章36節)、固有名詞の“父”に祈れ、祈っていい、そうイエス様がおっしゃった、その祈りは“あがめる(=聖とする)”祈り、“御名が主ご自身の認識となる(筆者意訳)”祈り、イエス様と同じ思いで天の父に向けて祈れる祈り、それは異言の祈り(幼な子が発する『あばばば…』という“喃語(なんご)”の祈り)だ、ということを学びました。
  • 御国…御国は、神の王国、天の王国であり、“王(なる神)の完全な統治”を指しています。原初に遡(さかのぼ)れば、“エデンの回復”ということになります。イエス様は、アダム、そしてイスラエルの民が躓(つまづ)き、壊れた関係を、第二のアダム、真のイスラエルの王、ダビデ王の子孫として、再び御国(エデン)の礎を据えるためにこの世に遣わされた方です。
  • 王とは…王とは、どのような方でしょうか? 旧約時代で最も重要なダビデ王を観てみると①ヤハウェの「油注がれた者」(Ⅰサムエル記16章13節)②神の霊を与えられた者(同)③神より委託された民を牧する牧者(Ⅱサムエル記5章2節)④神と民との仲保者(Ⅱサムエル記6章17-18節)⑤永遠の神殿建設者(Ⅱサムエル記7章13節)です。一方、イエス様は①ユダヤ人の王として生まれた(マタイ2章2節)②この世の権力を拒否(マタイ4章10節)③イエス様の国はこの世の王国とは違う性格(ヨハネ18章36節)④受難に際して初めてユダヤ人の王として公然と身を現した(ヨハネ18章37節)⑤信じる者の王国の基礎を据えられた(Ⅰペテロ2章9節)のです。
  • 結び…王なるイエス様(神の国)は、すでに来ています(ルカ11章20節)。そして私たちの名を呼び、こころの戸をたたいておられます(黙示録3章20節)。御国を祈り求める者のただ中に王座を据えておられます(ルカ17章21節)。

Posted on 04/18/2021 at 07:08, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『御名があがめられますように』(イエス・キリストの生涯 その156)(2021.4.18)

だから、こう祈りなさい。『天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。(マタイの福音書6章9節)

  • はじめに…今日は家内の誕生日です。この世に生を受け、云十云年。身体的な衰えは不可避ですが、霊的成長は無限ですから、御国に向かってさらに広く長く高く深くキリストの身の丈にまで成長し、これからも主との親密な交わりの日々を楽しみながら歳を重ねていかれることを祈ります。
  • 御名…先主日から「主の祈り」を共に学んでいますが、本主日はその2回目、「御名があがめられますように」の箇所から聴いていきたいと思います。前回は、「父」なる神に向かって、百パーセント信頼して祈れ、それがイエス様の私たちに伝えたかった最初のことだということを学びました。つまり、イエス様が私たちに教えて下さったことは「御名」とはイエス様にとっては“父”すなわち“アバ(おとうちゃん)” 韓国語ならアッパ、英語ならダディでした (マルコ14章36節)。その同じ“父”に祈れ、祈っていい、そうイエス様はおっしゃっています。漠然とした一般名詞としての父ではなく、固有名詞としての“父”にです。
  • あがめられますように…“あがめる”という言葉はヘブル語では「カーダシュ」です。「聖とする」という意味で、言い換えれば「主のもの」です。つまり「御名が主ご自身の認識となりますように(筆者意訳)」となります。御名は人間の認識、世の認識では決して悟りえないのです。
  • 異言の祈り…私たちが韓国でお世話になった李天秀牧師はその著書の中で次のように語っています。『“父”という単語を使う時、普段いつも父親から苦痛を与えられていたり、捨てられた人だったら、その単語に対して無意識に拒否感をもつこともあります。そのため、御父という言葉に対して拒否感をもつこともあります。私達は、この世で使う言葉でもって神の聖なる完全さをすべて表現することは出来ません。ですから、祈るとき世の言葉で表現すると、世の感が入るのです。異言とは、こうしたことを抑えることのできる無公害な祈りです。世の言葉に混入している間違った霊がすべて除去され、純粋に祈ることができ、有益です。異言を通して天使が働き、世の事を抑えて聖霊様ご自身が思うままに祈ることが出来るからです。』(李天秀著『体験聖書』より)。御名があがめられ、聖とされる祈り、イエス様と同じ思いで天の父に向けて祈ることができるのは、異言の祈りだと言えます。
  • 結び…異言の祈りを通して、天の父に向かって祈れる恵みを感謝します。

《追記》

Zoom礼拝参加を希望される方は、事前に電話連絡後、主日礼拝当日の10時15分-25分の間に

ミーティングID: 619 286 4474

パスコード: 3D3M69

でアクセスしてください。

ホストから参加の許可設定をします。

※注意事項

①礼拝時はホストから参加者のマイクをミュート設定にします(ミュートにしないとハウリングして音声が聞き取りにくい場合があるためです。礼拝後はミュート設定を解除します)

②イヤホンを使用すると音声が聞き取りやすい場合があります

Posted on 04/11/2021 at 05:27, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『天にまします我らの父よ』(イエス・キリストの生涯 その155)(2021.4.11)

だから、こう祈りなさい。『天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。(マタイの福音書6章9節)

  • はじめに…私も職業人としての定年を意識せざるを得ない年齢に達しました(牧者としての召命には定年はありませんが)。残された年月の中で私に託された課題は、中堅スタッフそれぞれの、将来に向けて、仕事と人生の“道しるべ”を立てるサポートをすることだと意識しています。そのためには良好なコミュニケーションが欠かせません。そしてそのコミュニケーションの前提として基本的な信頼関係が必要です。私たち信仰者にとっては主との信頼関係が最も大切になります。
  • 祈りの基本…本主日から「主の祈り」を共に学んでいきますが、信仰者にとって祈りは“神と人とのコミュニケーション”です。その祈りの基本が、イエス様が弟子たちに教えて下さった「主の祈り」です。
  • 山上の垂訓の中心…聖書の文章構造として「キアスムス」という構造があります。簡単に言うと、最も伝えたいことを包み込むよう対称的に概念、キーワードを配置する文学形式です。「主の祈り」は、マタイの福音書では山上の垂訓(マタイ5章-7章)の中心に置かれています。つまりイエス様が弟子を含め、人々に最も伝えたいことだと言うことです。
  • 私たちの父よ!…いとすぎ教会を含め、多くの教会では「主の祈り」を礼拝の中で唱和していることと思います。しかし「主の祈り」をお題目のように唱えることが、イエス様が教えて下さった「主の祈り」の意味ではありません。「主の祈り」は祈りの基本的な手引き、エッセンスであり、一人ひとりの置かれた状況に応じて変幻自在に祈るものです。その祈りが単なる形式ではなく、父なる神への呼びかけから始まる祈り、その祈りが力溢れる祈りになるのだ、「だから(あなたがたは)こう祈りなさい『天にいます私たちの父よ』(アラム語/アブナン・ド・ビ・シュマイヤ)」(マタイ6章9節)と、イエス様はおっしゃったのです“父”は単独に存在するものではなく、父-子関係の中で存在します。イエス様は父なる神を“アバ(おとうちゃん)”と呼ばれました(マルコ14章36節)。韓国語ならアッパ、英語ならダディです。幼な子が父を百パーセント信頼しての呼びかけです。天におられるわたしの父に、そしてあなたの父に百パーセント信頼して祈れ、それがイエス様の私たちに伝えたかったお心でしょう。
  • 結び…それぞれの呼びかけで、天の父に向かって祈れる幸いを感謝します。

《追記》

Zoom礼拝参加を希望される方は、事前に電話連絡後、主日礼拝当日の10時15分-25分の間に

ミーティングID: 619 286 4474

パスコード: 3D3M69

でアクセスしてください。

ホストから参加の許可設定をします。

※注意事項

①礼拝時はホストから参加者のマイクをミュート設定にします(ミュートにしないとハウリングして音声が聞き取りにくい場合があるためです。礼拝後はミュート設定を解除します)

②イヤホンを使用すると音声が聞き取りやすい場合があります

アーカイブ ログイン お問い合わせ