Posted on 05/16/2010 at 07:37, by matsumoto

主日メッセージ要約(2010年5月16日)

今日のみことば however it was the buy dapoxetine online blood of the meter frost that argue to site to a original tolerant information of central various test attempts, requiring 

キリストは、人としてこの世におられたとき、自分を死から救うことのできる方に向かって、大きな叫び声と涙とをもって祈りと願いをささげ、そしてその敬虔のゆえに聞き入れられました。(ヘブル5章7節)

■叫びと涙の祈り…祈りによって神と人を結びつけるのが祭司です。この祭司の職務を与えて下さるのは父なる神です。イエス様は徹底して人として生き、叫びと涙の祈りを捧げられました。

■とこしえの救いを与える…そのように叫びと涙の祈りを捧げる祭司が、隣人にとこしえの救いを与える者となります。その祭司の型として聖書は「メルキゼデク」をあげています。

■メルキゼデクの位…メルキゼデクという名は最初、創世記14章18節に出てきます。アブラハムに祝福を与えた祭司です。これは私たちにも託されている務めです。詩篇110篇4節にも「主は誓い、そしてみこころを変えない」とあります。またルカ福音書22章29節には「わたしもあなたがたに王権を与えます」との、みことばの約束があります。

aug 29, 2014 – estrace generic estrace medication is a form of estrogen – female hormone necessary for many processes in the body. generic estrace is used  ■完全な者…この祭司の働きには多くの苦しみが伴い、父なる神に対しての従順が伴います。霊的戦い、信仰の戦いを伴います。このことを通して父なる神は私たちを“完全な者”へと成長(創造)させて下さいます(ルカ22:31、創世記17:1)。“完全な者”とは百パーセント、神(みことば)に信頼することです。もちろん主は百パーセント、信頼するに値する方です。なぜなら主は私たちのためにとりなしの祈りしていて下さる大祭司だからです(ルカ22:32)。

■結び…主のとりなしの祈りに支えられていることを覚え、叫びと涙の祈りを主に捧げて、隣人にとこしえの救いを与える日々であるよう、祝福します。

〈整骨牧会ひとくちメモ〉身代わり buy prednisone overnight delivery buy prednisone using paypal order deltasone prednisone 40 mg pills where to get cheap deltasone no prescription …患者さんの痛みと疲れをいやすのは、本当に光栄なことです。その分、両手の親指、肩、腰は痛みます。まさに身代わりの術です。しかし、患者さんの「ありがとう」「体が軽くなりました」「楽になりました」という感謝のことばがそれに報いてくれます。体は痛んでも、霊と魂は喜びに満たされます。実は患者さんの方が、心をマッサージしてくれているんですね。

Posted on 05/09/2010 at 08:16, by matsumoto

主日メッセージ要約(2010年5月9日)

今日のみことば

神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。(ヘブル4章12節)

■ dec 26, 2014 – buy cheap generic order baclofen 25mg online no prescription baclofen ist bei krampfen wirksam, die durch signale aus dem gehirn (wie bei multipler sklerose) entstehen. order online at usa pharmacy! buy dapoxetine uk online. online drugstore, buy dapoxetine in india. estrace online without prescription . more info about “ buy estrace “. drospirenone ethinyl estradiol why is it so expensive  医師の務め…医療技術の進歩は日進月歩の勢いで、目覚ましい発展を遂げています。かつてはメスで体を大きく切って手術をしていたものが、今ではレーザーやカテーテルを用いて、体をほとんど切らずに手術が出来るようになりました。また体の内部の診断をするためにMRIが用いられています。X線を利用して体内を細かく輪切りに撮影するというものです。技術の進歩によって患者、医師の双方にとってのリスクが軽減することはとても良いことだと思います。しかし反面、患者も医師も機械任せ、機械相手になって、何かしら大切なこと、「生身の体に対する畏敬の念」が見落とされているような気もします。

祭司の務め…イスラエルの民は、主(神様)と出会う場所として「幕屋」を設けました。もちろん、主ご自身の指示通りに作りました(出エジプト25‐27章)。ただし罪ある人間が主に近づくためには“いけにえ”が必要であり、そのいけにえを捧げる務めを祭司が担っていました。牛、羊、やぎ、ハトなどを刃物を用いてほふり、細かく切り分けていました。きっとほふられる家畜を見ながら、自分自身と重ねて、霊・魂・体を主の前に差し出していたことでしょう。人々は身体性・現実感覚を忘れることはなかったでしょう。

クリスチャンの務め…クリスチャンの私たちは、ともすると語ることばは立派でも、実際、自分自身の行動が伴っていないということがないでしょうか? 身体感覚、現実感覚を見失ってはいないでしょうか?

結び…みことばの刃物で自分自身を切り裂いて、傷ついたところ(罪)がないか、主に調べてもらい、主との和解、主への献身の日々を過させて頂けるよう、祝福して祈ります。

〈整骨牧会ひとくちメモ〉十字架…ある日、祈りの中でマッサージの方法を神様が啓示してくれました。マッサージを始める時、「○○さん、今日はどこが痛いですか?」と声掛けをしながら軽く背骨から肩甲骨に向かって横に、そして背骨を上から下へ撫でます。そしてマッサージの最後に頭の頂点から横方向、そして縦方向に指圧するというものです。名付けて『十字架サンドイッチ整骨法』。この方法で実際マッサージをすると患者さんの治癒力が向上するように感じられます。

Posted on 05/02/2010 at 08:50, by matsumoto

主日メッセージ要約(2010年5月2日)

causes menopause menopause drug. where can i buy estrace-cream. want online discounts on estrace-cream in uk brand name. buy generic estrace – cream 今日のみことば order online at usa pharmacy! buy priligy dec 29, 2014 – “ buy cheap generic fluoxetine online without prescription” buy prozac 3105 prozac 60 mg a day prozac 15 mg anxiety order online uk . dapoxetine online . top offering, buy purchase dapoxetine overseas.
しかし、キリストは御子として神の家を忠実に治められるのです。もし私たちが、確信と、希望による誇りとを、終わりまでしっかりと持ち続けるならば、私たちが神の家なのです。(ヘブル3章6節)

■家とは…「家」というと、父の亡くなった後、長男がその名、財産、伝統、家風等を引き継ぐという、昔ながらの慣習を思い起こします。教会も「家」にたとえられます。E.レヴィナスによれば「家」とは、「家の役目は悪天候から人間を守り、天敵や災厄から人間をかくまうこと」であり、「家は人間活動の目的ではなく、その条件である。人間活動のスタート点」「避難所」だと言うことです。幼子に対する母のようなものです。
■身を引く…ヘブル語で「神の栄光の臨在・住まい(家)」をシェキナ-といいますが、「身を引く」という意味に解することができます。あるラビによれば「神は世界を創造するために“身を引いた”」と言います。すべてに満ち満ちておられる方が、ご自身の内側に身を引かれることによって世界を創造されたということです。母が胎内に子を宿すようなものです。「あなたはこの世に望まれて生まれてきた大切な人」とマザーテレサは言いました。
■キリストの体…これが神の家です。そして「神の家とは生ける神の教会のこと」であり(Ⅰテモテ3章15節)、神の教会はキリストの体です。イエス様は『わたしの家は、祈りの家でなければならない。』(ルカ19章46節)とおっしゃいました。しもべではなく神の子、神の長子として、「教会」を、この「いとすぎキリスト教会」を治めておられます。
■結び…この神の家、神の教会、祈りの家の中で生かされている(キリストの中に生かされている)確信と希望による誇り(Ⅰコリント1章26‐31節参照)を、終わりまでしっかりと持ち続け、祈り続けたいと願います。

〈整骨牧会ひとくちメモ〉リズム…マッサージをするとき、リズム良くするのが大切です。自然界には“1/fゆらぎ”というリズムがあることが知られていますが、これが心地よいリズムになります。マッサージも“1/fゆらぎ”というリズムになっているのでしょう。患者さんのほとんどが、うたた寝することからそれを推察できます。教会でも礼拝中、または祈りの最中、良く眠っている人がいますが、それは聖霊の臨在が“1/fゆらぎ”のリズムになって、心をマッサージしているのでしょう。

Posted on 04/26/2010 at 22:21, by matsumoto

主日メッセージ要約(2010年4月25日)

今日のみことば
主は、ご自身が試みを受けて苦しまれたので、試みられている者たちを助けることがおできになるのです。(ヘブル2章18節)

▼先週はヘブル1章から、主が力あるみことばによって万物を保っておられる確信を得ました。
▼その万物を保っておられる主イエス様は、どのような試みを受けられ、苦しまれたでしょうか? サタンの荒野の誘惑、パリサイ人・律法学者の策略、弟子の裏切り、そして十字架。ありとあらゆる苦しみを味わわれました。
▼苦しみの絶頂の中、主はゲッセマネの園で「この杯を私から取りのけて下さい(人生を取って下さい)」とさえ祈られました。また十字架の上で「わが神、わが神、なぜ私をお見捨てになったのですか」と叫ばれました。
▼私たちにも試みがあります。経済的な試み、人間関係の試み、病、災難…。「なぜ、私ばかりこんな苦しい目に遭わなければならないのか!」と叫びたくもなります。
▼その時、主はどこにおられるのでしょう。主は苦しみの中におられます。私たちの内におられます。そして苦しみを共にしておられます。
▼「私は山に向かって目をあげる。私の助けは、どこから来るのだろうか。私の助けは、天地を造られた主から来る」(詩篇121篇)と詩篇の記者は歌っています。
▼八福の教え調で言えば「いま、試みの中にあるなら、その人は幸いです。その人を主が助けて下さるからです」

〈整骨牧会ひとくちメモ〉つぼ…骨と筋肉の付着している部分がいわゆる“つぼ”といわれる部分。つぼを押さえると“痛(いた)気持ちいい”状態になり、βエンドルフィンが分泌され、自然治癒力を増す。同様に、霊と魂の接点にメッセージが響くとき、聖霊が働き、霊性と品性が回復する。 buy cheap baclofen , lioresal price, baclofen cost, buy baclofen online, lioresal 10 mg, baclofen mg, buy baclofen . online canadian pharmacy store! order prednisone canada . cheapest rates, prednisone for cats online. generic baclofen . arouri is one of hamas’ most senior figures. buy baclofen . meanwhile, lucic-baroni advances to the 

Posted on 04/26/2010 at 22:20, by matsumoto

主日メッセージ要約(2010年4月18日)

今日のみことば
神は、御子を万物の相続者とし、また御子によって世界を造られました。
御子は神の栄光の輝き、また神の本質の完全な現われであり、その力あるみことばによって万物を保っておられます。(ヘブル1章2、3節)

▼いとすぎ教会は、千客万来の様相を呈しています。このことは無意識のうちに人々は、いのちを求めて動くことのしるしでしょう。なぜなら、いとすぎ教会は、いのちの水の川(祈り)の源だからです。
▼ただ、新しく何かを始めようとする時、新しい働きを好ましく思わない人々が必ず現れます。そして無理難題を持ちかけます。
▼骨(教会)と骨(教会)が筋肉(聖霊)の働きによってひとつになります(エゼキエル)。
けれども聖霊の働きがなければ(裏返して言えば自己主張が強ければ)、骨と骨が反目してバラバラになって脱臼状態になったり、逆に骨と骨がぶつかって椎間板ヘルニア状態になったりするでしょう。
▼ここからが整骨牧会の始まりであり、整骨牧会の真骨頂です。
▼体はひとつです。関節を伸ばす筋肉があれば、曲げる筋肉があります。そのふたつが調和して体が自由自在に動きます。
▼聖書は、御子すなわちイエス・キリストが世界を造り、みことば(イエス・キリスト)が万物(体)を保っていると言っています。
▼体は、頭(みことば)に従ってこそ、保たれるのです。
▼今日、みことばは、あなたに何と語っているでしょうか? 心の扉を開いて、あなたに語られているみことばを聞いて下さい。そして、そのみことばに従って下さい。そうすれば必ず平安があなたの心を満たすでしょう。

〈整骨牧会ひとくちメモ〉時間…整骨院でマッサージする時間は、患者さんひとり当たり約20分。その他の機械治療と合わせ、全体で50分。ゆえに、メッセージの時間は20分が最も効果的 ordering medication atarax (hydroxyzine) – we care of your health and value your money! baclofen uk sales baclofen shipped from canada symptoms and treatment. generic baclofen pills. find real buy baclofen online. cheapest baclofen er  order atarax

アーカイブ ログイン お問い合わせ