Posted on 05/24/2015 at 02:21, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『感謝と喜びを』(賛美シリーズ その6)(2015.5.24)

 

buy female viagra online. fast u.s. express pharm delivery! choose pharm だがしかし、悪霊どもがあなたがたに服従するからといって、喜んではなりません。ただあなたがたの名が天に書きしるされていることを喜びなさい。ルカ10章20節

  • はじめに…先週、Mさん御夫妻とお友達が、「お祈りして欲しい」と教会を訪ねて下さいました。お話を聞きながら、皆さんに差し上げたのが、今日のみことばルカ10章20節。するとМさんのお友達が「三年前、大変な時期に娘が私に『お母さんにピッタリのみことばがあったから』と、メールで送ってくれたのと同じみことばだったのでビックリしました」。みことばには不思議な力があります。
  • 小坂 忠…今日のみことばは、小坂 忠(こさか ちゅう)師(現日本フォースクエア福音教団秋津福音教会宣教牧師)が作詞・作曲したワーシップソングのテーマになっているみことばです。多くのワーシップソングを創作している小坂師ですが、それらの賛美には、娘さんの大やけどと、祈りによるいやしが背景のひとつになっています。
  • anyone buy baclofen 60 10 mg online without a prescription . pain relief| muscle relaxant. anti-fungus, visa, free online medical consultations, moneyback 

  • buy cheap generic baclofen online without prescription baclofen paypal, cost of baclofen pump surgery, baclofen price without insurance., buy baclofen uk :. 賜物が素晴らしいのではなく…ルカ10章は、イエス様が70人の弟子たちを伝道に派遣し、行った先々の町々村々で平安を宣言し、病人をいやし、悪霊を追い出したことが記されている箇所です。それ自体は、喜ばしい働きであり、出来事です。しかし、ともすると私たちは、主から与えられた賜物それ自体と、賜物の働きによって現れる、目に見える現象ばかりに目と心が釘付けになってしまいます。
  • みことばに喜びの源がある…私たちが目を留めるべきものは、目に見えないものです(Ⅱコリント4章18節)。信仰であり、希望であり、愛です。今、生きて働いておられるイエス様です。みことばです。みことばに力があります(ヘブル4章12節)。私たちの名が、天の「いのちの書」に(みことば=御霊によって)記されてあるのだと、みことばご自身であるイエス様が語っておられます。天(神の国)はどこにありますか? 私たちの心の中にあります(ルカ17章21節)。私たちの内に聖霊様が住んで下さり、私たちの名を永遠に記憶して下さっているのです。私たちを聖霊の家として下さり、霊によって名を刻んだ表札(いのちの書)を設けて下っているのです。
  • 結び…今週一週間、私たちの内を聖霊の宮として下さり、平安といやし、感謝と喜びで満たし、溢れさせて下さる、主に栄光がありますように。
Posted on 05/17/2015 at 05:17, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『グローリーハレルヤイエス勝利』(賛美シリーズ その5)(2015.5.17)

 

なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを解放したからです。ローマ8章2節

    • はじめに…先週の木曜日、「うみのうたキリスト教会」の宣教開始1周年記念礼拝に出席しました。礼拝前日、小高い山に囲まれ、瀬戸大橋が見えるコテージに宿泊させて頂いたのですが、新緑がひときわ眩しく輝いて見えました。
    • ブルーグラス(青草)…『グローリーハレルヤイエス勝利』は、ゴスペルシンガーの岩渕亮(いわぶち まこと)さんが日本語に訳詞をしたものですが、その原曲・原詞を調べてみました。作詞者・作曲者は不明でしたが、原曲・原詞をYouTubeで見つけました(http://video.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_of3_sa&p=I%27m+so+glad+Jesus+set+me+free)。原曲のタイトルは『I’m so glad Jesus set me free』。曲調はアメリカのカントリーミュージックで、いわゆるBluegrass(ブルーグラス)。この音楽スタイルを確立した人がビル・モンローで、彼の出身地ケンタッキー州は、肥沃な緑の平原だったことから、別名を“ブルーグラス”と呼ばれ、この名が付けられたのです。
  • 呻き切望している大地…この大地(この世)、宇宙万物は、罪と死の原理が支配している、そうパウロは言います。それは人類の始祖、アダムとエバの罪ゆえでした(創世記3章17-18節)。それ以来、こんにちに至るまで被造物は苦しみ、呻き、神の子たちの現れ回復、復興を切望している、そうパウロは言います(ローマ8章19-22節、使徒3章20-21節)
  • 新天新地…罪と死の支配から解放するのは、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理です。私たちがイエス様(みことば)と霊的に繋がるとき(イエス様を心の内側に歓迎するとき)、私たちの内側に新天新地が創造され、新しい人(御子のかたちと同じ姿)としての新しい、勝利の人生の歩みが確かなものとなります(ローマ8章37節、黙示録3章19-21節)
  • 結び…罪と死の支配から解放し、新天新地を創造され、いのちの御霊によって生かしてくださる救い主イエス様に栄光がありますように。
Posted on 05/10/2015 at 02:13, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『ホザナ』(賛美シリーズ その4)(2015.5.10)

 

そして、前を行く者も、あとに従う者も、叫んでいた。「ホサナ。祝福あれ。主の御名によって来られる方に。マルコ11章9節 buy viagra – no prescription needed – free ships: generic viagra functions principally in order to hinder the game from the chemical phosphodiesterase 5 various (pde-5). where to buy baclofen : buy meds without a prescription! pharmacy no rx paypal | sertraline mexico. s-4i do do prolonged use kill people coloreddamaged hair.

  • はじめに…先週4日の朝、Sさんが召されました。約2年間、私たちと一緒に礼拝を捧げられました。そのSさんの心から主に向かって賛美し祈る後ろ姿は、私たちの模範でした。いとすぎ教会の一人ひとりの心の中の宝ものになりました。それはあたかも黙示録21章にあるような種々の宝石で光り輝く聖なる都のようです。葬儀の前日、娘さんと私たち3人で静謐(せいひつ)に満ちた会堂で祈りと賛美を捧げましたが、慎ましく祝福されたキリストとSさんの結婚式のようでした。
  • どうぞ救ってください…“ホサナ”というのは「どうぞ、救ってください」という意味です。仮庵の祭り・過越の祭りのときに歌われた賛美(詩篇118篇25節)です。
  • のろいから…このホサナ! 救ってください!という嘆願の叫びのような賛美のあと、イエス様は実をつけていないいちじくの木に向かって「今後、いつまでも、だれもおまえの実を食べることのないように」(マルコ11章14節)と言われました。その翌日、いちじくの木は枯れていました。その出来事から弟子のペテロは、“のろわれたいちじくの木” buy female viagra online | brand & generic – best price – best quality – 24/7 (同21節)と言いました。
  • いちじくは善悪の知識の木!?…ところで、ユダヤ人は「善悪の知識の木」は「いちじくの木」だったと考えています。なぜなら、アダムとエバが、善悪の知識の木の実を取って食べ、自分たちが裸であることを知り、その直後、いちじくの葉で腰の覆いを作ったので、いちじくの木が善悪の知識の木であった可能性が高いからです。
  • いのちの木…ここで再び黙示録です。黙示録最終章の22章を見ると、聖なる都にはエデンの園の中央にあった“いのちの木”だけあり、善悪の知識の木はありません(同2節)。続く3節で「もはや、のろわれるものは何もない」と記されています。善悪の知識の木の実を取って食べたゆえに「死」が人を支配するようになりましたが、天の聖都は「いのち」で満ち満ちており、「死」の支配はまったくありません。救いが完全に成就しています。
  • 結び…新しい週、天の聖なる都の希望を心の内に抱いて歩む皆さんお一人ひとりであるよう、祝福して祈ります。
Posted on 04/26/2015 at 02:16, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『驚くばかりの』(賛美シリーズ その3)(2015.4.26)

 

ダビデ王は行って、主の前に座し、そして言った。「神、主よ。私がいったい何者であり、私の家が何であるからというので、あなたはここまで私を導いてくださったのですか(七十人訳=あなたは私をとこしえに愛してくださったのですか)(Ⅰ歴代誌17章16節)

  • はじめに…先週、教会員のAさんが、食べることも、話すことも難しい中で、「アメージング・グレイス(驚くばかりの)」を大きな声(今のAさんにとって)で賛美したことを分かち合いました。この「アメージング・グレイス」は、Aさんの愛唱賛美歌です。
  • 失う人生の中で…Aさん(85歳)の歩みは、決して平坦な旅路ではありませんでした。若かれし時、アメリカ人の夫とともに一路アメリカへ。しかしその夫を25歳の時に病気で亡くしました。残された二人の息子と一人の養女を女手ひとつで育てたのも束の間、長男も次男も若くして召天。愛する家族を次々と失う人生でした。
  • 主イエス様と共に生き…夢も希望も無いかのような中で、Aさんの生きる支えは教会と、そこで出会う主イエス様でした。主は、いつもAさんと共におられ、御手の大いなる御業によって久枝さんを助け、導いて下さいました。Aさんのリビングウィル(生前遺言書)には「自分の人生はいろんなことがあったけれども、教会に行ったということだけで十分です。」とだけ記してあります。
  • 恵みの主を告白…「アメージング・グレイス」の作詞者は、ジョン・ニュートン。イギリス産業革命の頃、波乱万丈の青春時代を経て、献身を決意し、英国のオルニー教会牧師に。54歳の時、詩人ウィリアム・クーパーとともに「オルニー賛美歌集」を発表。その賛美集の41番が「アメージング・グレイス」です。その参照聖句として今日のテキストのⅠ歴代誌17章16、17節が記されてあります。晩年、彼は次のように告白しています。「薄れかける私の記憶の中で、二つだけ確かに覚えているものがある。一つは、私がおろかな罪人であること。もう一つは、キリストが偉大なる救い主であること。」
  • 結び…新しい一週間、皆さんお一人ひとりにアメージング・グレイス、驚く恵みを準備しておられる主に栄光がありますように。
Posted on 04/19/2015 at 16:56, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『御名をかかげて』(賛美シリーズ その2)(2015.4.19)

 

彼らに主の名をほめたたえさせよ。主の御名だけがあがめられ、その威光は地と天の上にあるからだ。                          (詩篇148篇13節)

  • はじめに…今年のいとすぎ教会の主題聖句は“幼子のようになって主を賛美しましょう”ということで「幼子と乳飲み子たちの口に賛美を用意された」(マタイ21章16節)です。賛美は私たちに霊的にも肉体的にも力(エネルギー)になります。
  • 肉体的衰えの中にあって…先週、ラーキンス久枝(87歳)さんのお見舞いに行って来ました。ADL(日常生活動作)低下の度合いが増している状態で、痰が出て苦しいとおっしゃっていました。最大限、主の臨在を感じられる環境をと願って、教会からCDデッキと賛美のCDを久枝さんのお部屋に準備して来ました。
  • 霊的に新しく…食べることも、話すことも難しい中ですが、「アメージング・グレイス(驚くばかりの)」を賛美すると、大きな声(今の久枝さんにとって)で一緒に賛美しました。人間には「外なる人」(肉)と「内なる人」(霊)の二つの側面があって、「外なる人」は日々衰えても、「内なる人」は、日々、新しくなる(Ⅱコリント4章16節)と、御言葉にありますが、そのことが真実であることを実感します。新しくなることは主に近づくことと言った方が良いかも知れません。
  • 生き続ける…詩篇148篇は、天地万物に主を賛美するように呼びかける詩です。前半は天にあって、後半は地にあって、すべて造られたものに主をほめたたえるように呼びかけています。主によって造られた被造物の存在理由、私たちの人生の目的は、主を賛美することと言って過言ではないでしょう。ヨハネは「荒野で呼ばわる声」(ヨハネ1章23節)と言いましたが、久枝さんは「病床で讃える歌声」です。幼子の口に賛美を用意された方は、年老いた者の口にも、賛美を用意された方です(詩篇148篇12節)。賛美するとき、私たちは永遠に主の近くで、主と共に生き続ける希望が与えられます(同14節)。
  • 結び…今週一週間も、私たちの口に賛美を用意して下さり、新しい希望と力を与えて下さる主と共に歩む皆さんお一人ひとりであるよう、祝福して祈ります。
アーカイブ ログイン お問い合わせ